モモ(桃/もも):選び方と保存方法や美味しい食べ方

桃

■モモ(桃/もも)の選び方と保存方法

●美味しい桃を選ぶポイント

桃

 全体にはっきりした紅色で色付いているものを選びます。ボケた紅だったり、黒ずんだ紅はよくありません。色付いている部分に白い斑点が表れている物は美味しい印です。そして、枝についていた側の色を見て、綺麗な白い色のものを選びます。緑がかったものは未熟果で、黄色みを帯びてきているのは鮮度が落ちてきたものです。

 傷やあたって茶色っぽくなった部分があるものは言うまでもなく避けましょう。

桃の縫合線

 縦に伸びる縫合線(割れ目)に対して左右対称の物を選びます。大きさは、概して大きい物の方が美味しい物が多い傾向にあります。作り手も大きい物の方に手をかける傾向にあります。

香り

 鼻を近づけて甘い香りが立ってるものを選びます。

黄桃

その他

 お店によっては糖度を示している事も近年増えてきています、参考にすると良いでしょう。桃の場合、11度を超えていれば大体甘く美味しいと考えて良いでしょう。また、桃に限った事ではありませんが、近年は事前に糖度など品質が計測できるようになったので、美味しい桃は概して値段も高くなってしまいます。セール品には期待しない事です。

●桃の保存方法

 未熟でまだ硬い桃は、常温で柔らかくなるよう追熟させます。未熟なものを冷蔵庫に入れると追熟せず、そのまま傷みはじめてしまいます。熟して食べ頃の物は冷蔵庫に長時間入れる場合は、1つずつ紙に包んでビニールやポリの袋に入れて野菜庫に入れます。日持ちしないので、早めに食べましょう。

■桃の美味しい食べ方

●冷やすのは食べる直前に

 桃は、冷やしすぎると味が落ちるので、提供する1~2時間程度冷蔵庫で冷やすといいです。

黄桃の断面

●切り方

 切り分ける際には、まず、種から取ります。種離れのよい品種ならば、表面の溝にそって包丁を一周させた後、両手で軽く持って種を軸にひねると、ふたつに離れます。次に種をえぐり取ってから、皮をむくようにします。その後、皮を剥いて切り分けます。そうしないと、先に皮を剥いてしまうと、ぬるぬるして手が滑ったり、果肉を潰しかねないのです。

 また、桃はお尻の方(枝についていたのと逆側)が糖度が高くなっています。一切れずつ不公平が無いように、縦にくし切りにするのが良いでしょう。

 身離れが悪い場合は、先に皮を剥き、種をかすめるように果肉をそぎ切りにしていきましょう。

●湯剥きで皮を剥く

 コンポートを作る場合など、やや未熟な桃は手で皮が剥けないことが多いです。そういう場合は湯剥きしましょう。 沸騰させている熱湯につけて氷水に落とすと、比較的楽にむけます。

●生食以外にも

 生食はもちろん、コンポートやジャム、タルトにしてもおいしいです。また、ピューレにしたもので、ムースやシャーベットにも適しています。

生食ではそれほど美味しくない小ぶりの物などはセール品に多く、そう言ったものはコンポートにすると煮崩れも少なく美味しいデザートが作れます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。