温州みかん(ウンシュウミカン)に含まれる栄養価と効能

■ウンシュウミカン(温州みかん)の主な栄養素とその働き

●ビタミンCとシネフィリン

ビタミンCを豊富に含んでおり、みかん2個で1日に必要な分を得ることが出来るそうです。シネフィリンとともに風邪予防にも大きな効果があるそうです。

●クエン酸効果

クエン酸は、1個で1日の必要量を含んでおり体内の酸性物質を減少させる効果や、疲労回復と血をきれいにする働きがあります。

●ペクチンの整腸作用

ジョウノウにはペクチンが多く含まれていて、整腸作用があり、便秘やお腹を壊しているときに効果があります。

●βクリプトキサンチンによるガン予防効果や骨粗鬆症の予防効果、及び生活習慣病の予防効果

ミカンなどに含まれるβクリプトキサンチンは、ガン予防への効果が期待されています。

また2012年12月にはミカンをよく食べると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できるらしいことが、果樹研究所の研究より発表されました。これにもβクリプトキサンチンが、骨を増やしたり、減少を抑えたりしていると考えられています。この発表によると、βクリプトキサンチンの血中濃度が毎日4個食べることに相当する血中濃度の人は、ミカンを食べない日がある人よりも、骨粗鬆症にかかるリスクが92%低いという結果も出ているようです。

更に、ミカンをたくさん食べる人は生活習慣病の発症リスクが低くなるという研究結果も同じく農研機構果樹研究所と浜松医科大などのチームにより確認され2016年3月23日に発表されています。これもβクリプトキサンチンの血中濃度が高い人ほど効果が大きいそうです。

●βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAになります。

●痛風にも効果があるそうです。

■五訂日本食品標準成分表

●ウンシュウミカン(温州みかん) ジョウノウ膜含む100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生の状態のウンシュウミカン(温州みかん)に含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
46
kcal
86.9
g
0.7
g
0.1
g
12.0
g
0.3
g
0.01
g
0.03
g
0 1.0
g
ビタミン
カロテン クリプトキサンチン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
180
μg
1700
μg
0.4
mg
0.10
mg
0.03
mg
0.3
mg
0.06
mg
22
μg
0.23
mg
32
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 150mg 21mg 11mg 15mg 0.2mg

五訂日本食品標準成分表より

●ウンシュウミカン(温州みかん) サジョウ(果肉)部分のみ 100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生の状態のウンシュウミカン(温州みかん)のサジョウに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
45
kcal
87.4
g
0.7
g
0.1
g
11.5
g
0.3
g
0.01
g
0.03
g
0 0.4
g
ビタミン
カロテン クリプトキサンチン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
190
μg
1800
μg
0.4
mg
0.09
mg
0.03
mg
0.3
mg
0.05
mg
22
μg
0.23
mg
33
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 150mg 15mg 10mg 15mg 0.1mg

五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。