温州みかん(ウンシュウミカン)の選び方と保存方法や食べ方

ウンシュウミカン(温州みかん)

■美味しいウンシュウミカン(温州みかん)を選ぶポイント

●美味しい形

 比較的扁平な形をしていいるものを選びます。また、大きい物は皮やジョウノウが厚い場合があるのであたり外れがあり、避けた方が良いでしょう。

●表面の色艶

 全体によく色付き紅がさし艶があるもの。皮に張りがあるものを選びましょう。

●小さいヘタ

 枝から切り取ったヘタの部分が小さい方が美味しい傾向にあります。大きい物は太い枝から直接なっていたものの場合が多く、そう言ったものはあまり美味しくありません。

●手に持ってみて

皮が固く厚みを感じるものや、中の実との間に隙間が出来てゴワゴワした物は避けます。皮が薄く中の実とぴったりと張り付いているようなものを選びましょう。また、持った時にしっかりと重みを感じるものを選んでください。

●糖度表示やブランド

最近は糖度を計っているものもよく見かけます。参考にすると良いでしょう。また、一定の基準を設けて選別しているブランドミカンも各地で増えてきています。そう言ったものも安心ですね。

■みかんの保存方法

●冷蔵庫には入れないで

温州ミカンは冷蔵庫に入れておくと低温障害を起こし傷んでくる場合があります。保存は風通しが良い冷暗所に保存します。

●箱入りの場合

箱ごと買っている場合は、流通の時点で底の物にかなりの負担がかかっています。一度天地を裏返し、底の蓋を開けて底の物から食べるようにしましょう。

一度全部チェックをし、傷ついたりカビが生え始めている物が無いか確かめてください。カビは伝染するので、そう言ったものは取り出してください。

●早生ミカンは鮮度が大切

早生温州や極早生温州はあまり日持ちしません。一週間位だと思ってください。鮮度が良いうちに食べるようにしましょう。それでも冷蔵庫に入れるのは食べる直前の方がいいです。

■みかんの美味しい食べ方

●温州ミカンはジョウノウごと食べられます

本来温州ミカンはジョウノウごと食べられるみかんです。皮を剥いたら、ジョウノウの背に付いている白いワタを綺麗に取り除いて食べましょう。とは言っても、時々ジョウノウが厚く、口に残るようなものもありますよね。そんな時はもちろん中のサジョウだけにして食べてください。

普段ジョウノウごと食べていても、缶詰のミカンのようにサジョウだけにして食べると、いつもより美味しく感じるものです。面倒ですが、皮を剥き、房ごとにはがして、内側の固い部分をナイフで切り落とすとジョウノウが剥きやすくなります。一度ジョウノウを全部剥いてサジョウだけをグラスなどに入れてフォークなどで食べてみてください。美味しいですよ。

●果汁を楽しむ

果汁を搾ってジュースとして楽しんだり、シャーベットやゼリー、ムースなどにしても美味しい。果汁を絞る方法はいくつかありますが、透明なジュースにしたい場合は、ジョウノウに入っている状態でナイフでぶつ切りにし、さらしなどで包んで絞ります。

果汁でムースを作る場合は、味と風味を引き締める為、皮をすりおろして少し加えた方がよりみかんらしい風味が出せます。

●料理にも

酸味を活かし、鶏肉料理や豚肉料理などにも利用します。また、ポンジュースで知られる愛媛県では、ご当地グルメに「みかんごはん」というものがあったりします。ご飯を炊く際に水だけでなく、みかん果汁で炊き上げるもので、以外に・・・美味しいという人も多いです。上に色々トッピングすればちらしずしのような感じで楽しめます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。