トマト(とまと)に含まれる栄養価とその効能

トマト

■トマトに含まれる主な有効成分とその働き

●トマトは緑黄色野菜

ビタミンAになるβ-カロテンをやや多く含んでいます。これは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

●トマトのリコピンとは

トマトの赤い色の元はリコピンといわれる色素です。これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。

●トマトに含まれる脂肪燃焼効果がある13-oxo-ODA

トマトの果汁成分には、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれている事が2012年2月に発見されました。この成分の摂取によって肝臓で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、血糖値が低下するとの事です。

●トマトは飲酒後のアルコール濃度低下に効果

お酒を飲む時に一緒にトマトを食べると、血液中のアルコール濃度が3割ほど低下するという実験結果が今年2012年5月25日に発表されました。アルコールが完全に分解される時間も速くなるとの事です。この発表はカゴメとアサヒグループホールディングスの共同研究によるものです。

■五訂日本食品標準成分表

●トマト 可食部(ヘタのみ除いたもの)100gあたりの成分

 下の表に含まれる栄養素の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
19kcal
94g
0.7g
0.1g
4.7g
0.5g
0.02g
0.04g
0
1.0g

C

540μg
0.9mg
4μg
0.05mg
0.02mg
0.7mg
0.08mg
22μg
0.17mg
15mg

ナトリウム
リン
3mg
210mg
7mg
9mg
26mg
0.2mg
五訂日本食品標準成分表より

●ミニトマト 可食部(ヘタのみ除いたもの)100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
29kcal
91g
1.1g
0.1g
7.2g
0.6g
0.02g
0.03g
0
1.4g

C

960μg
0.9mg
7μg
0.07mg
0.05mg
0.8mg
0.11mg
35μg
0.17mg
32mg

ナトリウム
リン
4mg
290mg
12mg
13mg
29mg
0.4mg
五訂日本食品標準成分表より

ページトップに戻る