ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs<中玉トマト

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

●ディノ・エッグ/Dino-Eggsの来歴や特徴

◆中玉の卵型ゼブラトマト

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

 Dino-Eggs/ディノ・エッグはアメリカのカリフォルニア州ヴァカヴィル(Vacaville)においてブラッド・ゲイツ(Brad Gates)氏によって発見されたレモンヘッドトマトの交雑種とされ、ウィスコンシン州ダリエン(Darien)のビル・ミンキー(Bill Minkey)氏によるSeed Savers 2007 Yearbookで紹介され広く知られるようになったトマトです。そしてここで紹介しているDino-Eggs Green/ディノ・エッグ・グリーンはその変異種とされています。

 ”Dino-Eggs”は面白い名前で、日本語で言えば「恐竜の卵」です。縞模様の入った卵の形が恐竜の卵を想わせたのでしょう。

◆ディノ・エッグ・グリーン/Dino-Eggs Greenの特徴

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

 大きさは30~80gほどの中玉サイズで、形は長楕円の卵型から、先が尖った砲弾型のトマトです。

 外皮は薄い黄緑色の地にオレンジ色のストライプ、または縞模様が入ります。元の品種であるDino-Eggsはもう少し大きめで、果皮は黄色地に濃い黄色の縞が入っています。

 皮は厚くはないですがですがやや固めで、果肉は肉厚で種子の周りのゼリー状の部分は少ないです。味は甘味と酸味は中くらいですが旨みが強く感じられ、後口に少し渋みのようなものも感じます。

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

◆美味しい食べ方

 見た目が面白いので、薄くスライスしてサラダに散らすと良いでしょう。また、果実がしっかりしており加熱しても崩れにくく、加熱することで違った旨みも出てくるのでソテーや炒め物にも向いています。

●ディノ・エッグ/Dino-Eggsの写真ギャラリー

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

撮影機材: CANON EOS 5DⅣ , EF24-70mm F4L IS USM , EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

自家栽培したディノ・エッグ/Dino-Eggs 2017.7.8撮影

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

自家栽培したディノ・エッグ/Dino-Eggsの断面 2017.7.8撮影

ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト ディノ・エッグ/恐竜の卵/Dino-Eggs 中玉 ゼブラトマト

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。