サツマイモ(薩摩芋/さつまいも):栄養価と効能

サツマイモ(薩摩芋/さつまいも)

■サツマイモに含まれる主な有効成分と効用

●加熱しても残るビタミンC

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCを含んでいますが、サツマイモの場合、ジャガイモと同じく、でんぷんに守られて加熱しても壊れにくいそうです。

●食物繊維

サツマイモに含まれる食物繊維は、100gに対する比率はそれほど多くは無いのですが、他の野菜に比べ食べる重量が多くなる場合が多いので、結果的に効率よく沢山の食物繊維を摂る事が出来ます。

●ヤラピンによる便秘改善

生のサツマイモを切ると断面から白いミルク状の液体が滲み出してきます。右の写真は分かりやすいように紫色の断面をご覧頂いています。この白い液体がヤラピンという成分で、古くから緩下剤としての効果があることで知られています。また、サツマイモには上記のように効率よく食物繊維をとることが出来るので、この両方の相乗効果によって便秘の改善効果が期待できます。

●カリウムを豊富に含んでいます

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

アヤムラサキ

●紫品種にはアントシアニン

アントシアニンが目の網膜視細胞で光を伝達するロドプシンの再合成を促進する働きがあるそうです。また、ポリフェノールの一種でもあり、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果があります。

●ビタミンEも含んでいます

抗酸化作用があり、体内の活性酸素を減らします。

●安納芋にはカロテンも

安納芋の果肉はオレンジ色をしていますが、これはカロテンによるものです

■五訂日本食品標準成分表でみるサツマイモの栄養成分量

●サツマイモ 生 可食部100gあたりの成分

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
132kcal 66.1g 1.2g 0.2g 31.5g 1.0g -g -g 0 2.3g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
23μg 1.6mg 0μg 0.11mg 0.03mg 0.8mg 0.28mg 49μg 0.96mg 29mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
4mg 470mg 40mg 25mg 46mg 0.7mg
五訂日本食品標準成分表より

●生のサツマイモ100gあたりに含まれるアミノ酸

下の表は五訂日本食品標準成分表に掲載されているサツマイモに含まれているアミノ酸の一覧です。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 50 チロシン 25 アラニン 72
ロイシン 74 スレオニン 69 アスパラギン酸 240
リジン 57 トリプトファン 15 グルタミン酸 130
メチオニン 23 バリン 71 グリシン 51
シスチン 21 ヒスチジン 26 プロリン 45
フェニルアラニン 67 アルギニン 41 セリン 67