芋づる(イモヅル):特徴と旬の時期

●芋づる(イモヅル)とは

◆芋づる(イモヅル)とはサツマイモの茎の部分

芋づる(イモヅル)はサツマイモの地上部分に伸びた茎の部分で、先に葉をつけています。サトイモで言うところのズイキのようなものといえます。一般的にはサツマイモの副産物として家畜の飼料や畑の肥料にされていました。

とはいえ食べられないものではなく、調理によってはシャキシャキした歯ざわりがあり美味しい食材で、栄養もあるので、食材が乏しかった戦中戦後などは一般家庭の食卓に上がることも多かったようです。今では農家や地元での消費に使われる程度で市場にまとまって入荷されることはほとんどありません。

近頃、野菜全般に言えることですが、古くからある伝統野菜や昔の懐かしい野菜が見直される機会が増え、こういった滋味な美味しさも楽しむ傾向にあるようです。

●芋づる(イモヅル)の旬は

◆芋づる(イモヅル)の収穫時期

イモヅルは主にサツマイモの収穫前に、ツルを間引くように収穫されることもありますが、ほとんどは収穫の際に副産物として収穫されます。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
芋づる                        

芋づる(イモヅル)の画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。