ナシ(梨/なし)と洋ナシ:栄養成分と効用

■梨に含まれている主な有効成分と効用

●夏バテを回復

梨には夏バテなど疲労回復に役立つアミノ酸の一つアスパラギン酸が140mg/100g含まれています。

●梨の咳止め、解熱効果

梨に含まれるソルビトールは、甘く冷涼感のある糖アルコールで、咳止めや解熱効果があるとされています。

●梨で消化促進

梨にはタンパク質を分解する消化酵素のプロテアーゼを含んでいます。調理に使えば肉を柔らかくする事が出来るだけでなく、食後のデザートに梨を食べる事で消化を助けます。

●カリウムを多く含んでいる

カリウムは、身体からナトリウムを出す働きのあるため、高血圧症の方によいとされています。また、汗と共に流失しがちなので、残暑で汗をかいた時などには水分と共に補給出来て良い果物です。

●成分は88%が水分

ビタミン類はあまり含まれていません。

■五訂日本食品標準成分表

●日本梨の可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている日本梨に含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
43kcal 88g 0.3g 0.1g 11..3g 0.3g -g -g 0 0.9g
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
-μg 0.1mg 0.02mg Tr 0.2mg 0.02mg 6μg 0.14mg 3mg
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
Tr 140mg 2mg 5mg 11mg 0mg
五訂日本食品標準成分表より

●洋ナシの可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている西洋梨に含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
54kcal 84.9g 0.3g 0.1g 14.4g 0.3g -g -g 0 1.9g
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
-μg 0.3mg 0.02mg 0.01mg 0.2mg 0.02mg 4μg 0.09mg 3mg
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
Tr 140mg 5mg 4mg 13mg 0.1mg
五訂日本食品標準成分表より

●中国ナシの可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている中国梨に含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
47kcal 86.8g 0.2g 0.1g 12.7g 0.2g -g -g 0 1.4g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
-μg 0.2mg 0.02mg 0.01mg 0.2mg 0.02mg 6μg 0.14mg 6mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 140mg 2mg 5mg 8mg 0.1mg
五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。