君塚早生/きみづかわせ<梨の品種

君塚早生,きみづかわせ,キミヅカワセ,梨,和梨,ナシ

■君塚早生とは?

●「新幸蔵」×「独逸」

君塚早生,きみづかわせ,キミヅカワセ,梨,和梨,ナシ

君塚早生は千葉県木更津市において君塚氏が「新幸蔵」に「独逸」を交配して生まれた実生から育成したものとされ、1940年に発表されました。

後にこの品種を親としていくつかの品種が生まれています。

「新水」(「君塚早生」×「菊水」)

「長寿」(「君塚早生」×「旭」)

「早玉」(君塚早生」×「祇園」)

君塚早生,きみづかわせ,キミヅカワセ,梨,和梨,ナシ

●君塚早生の特徴

君塚早生はやや小玉傾向にあるとされ、糖度は12度前後となっています。

今回入手したものは岐阜県産の物で、大きさは1個500gもある大きなものでした。

形は写真の通りかなり扁平で、果肉は白く、ジューシーですが甘味は薄く、酸味もほとんどないので、全体としての印象は水っぽい感じです。近年の一般的な梨がとても甘いので、全く物足りなさを感じました。

■主な産地と旬

●君塚早生の主な産地と生産量

現在ではこの品種を商業ベースで栽培しているところは無いのではないでしょうか。ここの農園で数本単位で栽培されている程度だと思われます。

●君塚早生の収穫時期と旬

8月上旬に成熟する早生品種で、収穫は8月初旬頃から中旬頃までとなります。

旬のカレンダー

品種 7月 8月 9月 10月
君塚早生                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。