梨の品種-南水(なんすい)

南水梨/なんすいなし/ナンスイ<赤梨

■南水(なんすい)とは?

●新水と越後の交配種

南水とあきづき よく似ています

南水は長野県南信農業試験場で「新水」と「越後」を交配し育成されて生まれ、1990年(平成2年)に品種登録された品種です。

赤梨の中生種にあたり、9月下旬から収穫が始まります。長野県生まれという事もあり、ほとんどは長野県で作られています。

南水の名前は当初、南信農業試験場の「南」と新水の「水」から付けられたそうです。また、新水や豊水と並ぶ梨になってほしいという期待も込められているとのこと。

●南水(なんすい)の特徴

南水梨/なんすいなし/ナンスイ<赤梨

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『---------果実の形は扁円、こうあの深さ及び広さは中、ていあの深さ及び広さは中、有てい果の有無は混在、果実の大きさは中(360g程度)、果皮の色は黄赤褐、果点の大きさは中、果点の密度はやや密、果面の粗滑は滑である。果梗の長さはやや短、太さは中、肉梗の有無は無、果心の形は短紡錘、大きさは中、心室の数は中である。果肉の色は白、果肉の硬さはやや軟、果肉の粗密は中、甘味は多、酸味はやや少、香気は極めて少、果汁は多、種子の数は多である。成熟期はやや晩であり、育成地において9月末~10月上旬で、「新星」とほぼ同時期である。芯腐れ、みつ症状及び裂果は無、果実の貯蔵性はやや長である。---------』以上抜粋。

南水の果実は360g前後で、少し扁平な形をしています。果皮の色は赤梨らしい黄赤褐で、表面には密に果点がありますが、触った感じはそれほどざらついてはいません。

果肉は乳白色で果汁が多く、14~15度と糖度が高くなるのに対し酸味は少ない品種です。

◆実際に食べてみた食味

南水梨/なんすいなし/ナンスイ<赤梨

今回(2017年)入手したものは長野県産のもので、果肉は白く、切ると断面から果汁が滴るジューシーさがありました。

サクッとした歯ざわりで、甘みが口に広がり、酸味があまり無い分甘く感じられました。とにかく甘い梨がお好きな方にはお勧めです。

●主な産地と旬

◆主な産地と生産量

南水梨/なんすいなしの栽培面積

南水は長野県生まれということもあり、主な産地は長野県です。政府がまとめた平成26年産の栽培面積で見ると、長野県が全国の約8割を占めています。

◆南水の収穫時期と旬

南水の収穫は長野県では9月下旬頃から10月上旬にかけてとなっており、食べ頃の旬もその時期となります。

旬のカレンダー

品種 8月 9月 10月 11月
南水                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。