レモンの栄養価と効用

レモン

■レモンの主な有効成分とその働き

●クエン酸といわれる有機酸を多く含んでいます。

レモンの酸味の主な成分はクエン酸で、これには疲労回復、ストレス解消、免疫力向上、成人病予防など様々な効果があります。疲れたときにきゅっとレモンを絞ったドリンクや蜂蜜漬けにしたものを食べるといいでしょう。

●ビタミンCが豊富

レモンには100gあたり100mgものビタミンCが含まれています。この量はちょうど大人が一日に必要なビタミンCの量にあたるので、毎日レモン果汁100ccを飲むといいということになります。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

■レモンの可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生のレモンに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
54
kcal
85.3
g
0.9
g
0.7
g
12.5
g
0.6
g
0.05
g
0.13
g
0 4.9
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
26
μg
1.6
mg
0.07
mg
0.07
mg
0.2
mg
0.08
mg
31
μg
0.39
mg
100
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
4mg 130mg 67mg 11mg 15mg 0.2mg

五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。