旬の食材百科トップ / 果物トップ / 果物の旬カレンダー / ブログ /

フルーツトップ


 

パイナップル(パインアップル)の栄養成分とその働き

■パイナップルに含まれる主な栄養素とその働き

ビタミンC・・・

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります

ビタミンB1・・・

糖質を分解する酵素を助け、エネルギーにかえる手助けをします。。逆にビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、集中力の低下や、イライラの原因になったりもするそうです。

●食物繊維

食物繊維も豊富に含まれていますから、便通を良くし、腸をきれいにする点からもダイエット食として効果的です。

●ブロメラインというタンパク質分解酵素を含んでいます

食後に食べると、たんぱく質の消化を助けてくれます。また、腸内の腐敗物を分解する作用などもあり、消化器系障害にも効果があるそうです。

●鉄やマグネシウムなどのミネラルも含まれています。

 

■パイナップルの可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
51kcal
85.5g
0.6g
0.1g
13.4g
0.4g
-g
-g
0
1.5g

C

30μg
Tr
0.08mg
0.02mg
0.2mg
0.08mg
11μg
0.28mg
27mg

ナトリウム
リン
Tr
150mg
10mg
14mg
9mg
0.2mg
五訂日本食品標準成分表より

 

パイナップルの特徴と旬や産地はこちら →

パイナップルの選び方や保存方法、食べ方はこちら →

沖縄、石垣島産のパイナップルお取り寄せはこちら →

 

ページトップに戻る


 
 
 

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




 
     

  ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ
旬の魚のお取り寄せ / 旬の野菜お取り寄せ / 旬の果物お取り寄せ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク ; 
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2013 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp