ピーチパイン/ソフトタッチ<パイナップルの品種

沖縄産 ピーチパイン

■ピーチパイン/ソフトタッチとは?

●沖縄生まれで正式名称はソフトタッチ

ピーチパイン/ソフトタッチ

ピーチパインというパイナップルは正式には「ソフトタッチ」という品種で沖縄で生まれ1999年(平成11年)に品種登録されました。桃のような香りがすることから一般的にはピーチパインと呼ばれるようになり、流通上でもその名前で扱われています。また、果肉は白く、食べた味もクリーミーな印象を受けることから「ミルクパイン」とも呼ばれています。

●ピーチパインの特徴

ピーチパイン/ソフトタッチ

ピーチパインは比較的小ぶりのパイナップルで、1個400g~800g程の大きさです。表皮の色は収穫時にはまだ黄色っぽいのですが、熟すと赤みを帯びはじめ、全体に赤くなったら食べ頃となります。香りがとても強く、確かに桃のような香りも含まれている気がしますが、甘い蜜のような香りが強いです。

果肉は白っぽく、一見まだ若い普通のパイナップルのようにも見えますが、食べるととても柔らかくジューシーで、芯の部分も食べられるくらいです。熟し具合にもよりますが、完熟したものは驚くほど甘く、缶詰のシロップ煮のパインより甘いのではと感じます。

■ピーチパイン/ソフトタッチの主な産地と旬

●国内では沖縄が主要な産地

ピーチパイン/ソフトタッチ

ピーチパインは主に石垣島や沖縄本島などで栽培出荷されています。

●ピーチパイン(ソフトタッチ)の収穫時期と旬

ピーチパインの収穫時期は非常に短く、2ヶ月足らずの期間しかありません。石垣島で4月中旬~6月中旬頃、沖縄本島で6月中旬~7月末頃となっています。甘く良い状態のものが沢山出回る旬の時期は5月から7月下旬辺りまでとなります。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ピーチパイン                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。