ウメ(梅/うめ)に含まれる栄養価と効能

青梅 古城(こじろ)

■ウメ(梅/うめ)の主な栄養素とその働き

●梅の疲労回復効果

梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には疲労回復効果があります。

●梅は代表的なアルカリ性食品

肉類やジャンクフードで酸性になりがちな食生活にはそれを中和してくれる一粒の梅がとても大きな力となります。

●梅はカルシウムの吸収を助け骨を丈夫にする

クエン酸などの有機酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

●梅干しや梅酒の食欲増進作用

梅には食欲を増進させる働きもあります

●血流を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防

加熱されたウメ(ジャムやエキス、梅干し煮など)には、ウメに含まれる糖とクエン酸が結合しムメフラールという成分が作られます。これには血流を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果がある事が発見されています。

■五訂日本食品標準成分表

●ウメ(梅/うめ)可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生のウメに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
28
kcal
90.4
g
0.7
g
0.5
g
7.9
g
0.5
g
-g -g 0 2.5
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
240
μg
3.5
mg
0.03
mg
0.05
mg
0.4
mg
0.06
mg
8
μg
0.35
mg
6
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
2mg 240mg 12mg 8mg 14mg 0.5mg

五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。