さくらんぼ/サクランボ/チェリーの主な品種一覧

■国産のさくらんぼ

一般にサクランボとして店頭に並ぶものはほとんどセイヨウミザクラ(西洋実桜)の仲間です。主な物をあげておきます。

●佐藤錦(さとうにしき)

佐藤錦は「ナポレオン」と「黄玉」の交雑種といわれており、「赤いルビー」と呼ばれ、日本を代表する品種です。その生産量も国内ではダントツに多く知名度も高い品種です。

佐藤錦のページ →

●高砂(たかさご)

高砂(たかさご)

高砂はロックポート・ビガロや伊達錦とも呼ばれています。佐藤錦より1~2週間早く収穫され、さくらんぼの旬初めに店頭に並びます。

高砂のページ →

●豊錦(ゆたかにしき)

豊錦(ゆたかにしき)は山梨県で発見された偶発種とされる早生の品種です。果肉が柔らかく、酸味が少ないので甘さが強く感じられるのが特徴です。

豊錦のページ →

●紅秀峰(べにしゆうほう)

紅秀峰(べにしゆうほう)は「佐藤錦」と「天香錦」の交雑種です。

紅秀峰のページ →

●月山錦(がっさんにしき)

月山錦/がっさんにしき<黄色いさくらんぼ/yellow cherry

珍しい黄色いさくらんぼです。

月山錦のページ →

●南陽(なんよう)

南陽(なんよう)

「ナポレオン」の交雑種。果実はナポレオンよりも一回り大きく、ハート形をたてに潰したような形をしています。

南陽のページ →

●ナポレオン

ナポレオン・チェリー

ナポレオンはその名前からイメージできるようにヨーロッパで人気がある品種です。ナポレオン・ビガロやロイヤル・アンとも呼ばれています。佐藤錦を初め、いくつもの優良品種の親になっています。

ナポレオンのページ →

●香夏錦(こうかにしき)

香夏錦(こうかにしき)

香夏錦は早生種で、収穫時期は福島県県や山形県では5月下旬頃から6月いっぱい位となっています。一方、長野県ではハウス栽培が行われ、一足早く、3月下旬頃から収穫が始まり5月中旬頃まで続くようです。

香夏錦(こうかにしき)のページ →

●山形美人

山形美人

山形美人は佐藤錦の枝変わりとされ、佐藤錦と同じくらいの大きさや形ですが、その表皮の色が明らかに赤みが強いという特徴をもっています。

山形美人のページ →

●紅てまり

紅てまり

紅てまりは山形県が育成した品種で、登録時、両親はともに不明とされていますが、「ビック」と「佐藤錦」ではないかと推定されています。

紅てまりのページ →

●紅さやか

紅さやか

紅さやかは山形県が育成した品種で、大きさは5~7gで早生種の中では大きく、果皮の色は朱紅色で、熟すと紫黒色に色付き、果肉も赤いサクランボです。味的には、「佐藤錦」より酸味は強いが適度な甘みがありバランスが良い味わいです。

紅さやかのページ →

■輸入されているアメリカンチェリー

一般的に輸入されているサクランボの事を総称してアメリカンチェリーと呼んでいますが、実際には全てアメリカからと言う訳ではありません。また、品種も早生種のツラーレやブルックス、それにアメリカンチェリーの代表的なビングの他、国産物とよく似たレイニアなどがあります。


皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。