旬の食材百科TOP / 野菜TOP / 野菜の旬カレンダー / 旬の食材と栄養素 / ブログ /

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります


 


ニンジン(人参/にんじん):含まれる栄養成分と効用

ニンジン(人参/にんじん)

■ニンジンに含まれる有効成分と効用

●非常にカロチンを多く含んでいます。

ニンジンにはカロテンと言う名前の由来にもなっているくらい、人参にはたくさんのカロテンが含まれています。β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。また、油との相性がよく、揚げ物や油炒め、バターソテーなどのように、共に摂取することでビタミンAの効果が増すそうです。

ニンジン(人参/にんじん)●金時人参にはリコピン

 西洋系のオレンジ色はカロテンですが、金時人参などの赤い色はリコピンといわれる色素です。これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。

■五訂日本食品標準成分表

ニンジン(人参/にんじん)●生のニンジンの可食部100gあたりの成分

 下の表は生の皮つきニンジン含まれる成分の量を載せています。ニンジンは皮の部分にも栄養成分が詰まっています。皮を剥いたものより、皮つきの物の方がカロテンが多く含まれています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
37kcal
89.6g
0.6g
0.1g
9.0g
0.7g
0.01g
0.03g
0
2.5g

C

8200μg
0.5mg
3μg
0.04mg
0.04mg
0.6mg
0.11mg
23μg
0.37mg
4mg

ナトリウム
リン
25mg
270mg
27mg
9mg
24mg
0.2mg
五訂日本食品標準成分表より

●生の金時ニンジンの可食部100gあたりの成分

 下の表は生の皮つき金時ニンジン含まれる成分の量を載せています。金時ニンジンも一般的なニンジンと同様皮の部分にも栄養成分が詰まっています。皮を剥いたものより、皮つきの物の方がカロテンやリコピンが多く含まれています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
44kcal
87.3g
1.8g
0.2g
9.6g
1.1g
0.01g
0.04g
0
3.9g

C

5000μg
0.5mg
2μg
0.07mg
0.05mg
1.0mg
0.12mg
110μg
0.32mg
8mg

ナトリウム
リン
11mg
540mg
37mg
11mg
64mg
0.4mg
五訂日本食品標準成分表より

ニンジンの旬の時期や主な産地と生産量はこちら →

ニンジンの選び方と保存方法や茹で方と主な料理はこちら →

ニンジンの種類と特徴や画像ギャラリー →

ページトップへ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク
旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう!

飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2011 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp