ブロッコリー:栄養価と効能

ブロッコリー

ブロッコリーやブロッコリーニ、スティックブロッコリーに含まれている栄養成分や有効成分とその効用などを七訂日本食品標準成分表とともに紹介します。

■ブロッコリーに含まれる主な有効成分と効用

●疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果

 ビタミンCが非常に豊富で、gあたりでみてもレモンより多く、食べる量からすると非常に有効です。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

●ブロッコリーには葉酸がたくさん含まれています。

葉酸はDNAの合成や調整に深く関わっており、正常な細胞の増殖を助ける働きがあります。妊娠前後の女性にとっては、胎児の成長に大量に必要とされるので、普段の必要量の約1.7倍摂取する必要があると言われています。 また、葉酸が不足すると舌炎や精神神経異常が起こるそうです。

●ビタミンK、Eも豊富です。

●ブロッコリースプラウト

ブロッコリーのスプラウト

 貝割れ大根のような、ブロッコリーの新芽(芽が出て一週間程度)のことで、 近年、ブロッコリーにガン予防の効果があることが知られましたが、さらに、その芽にはそれ以上に強い予防効果がある「スルフォラファン」と言う成分が含まれていると発表されたそうです。

■七訂日本食品標準成分表

●生のブロッコリー可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
33
kcal
89.0
g
4.3
g
0.5
g
5.2
g
1.0
g
0.06
g
0.15
g
0 4.4
g
ビタミン
カロテン当量 E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C

810

μg

2.9
mg

160

μg

0.14
mg
0.20
mg
0.8
mg
0.27
mg
210
μg
1.12
mg
120
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
20mg 360mg 38mg 26mg 89mg 1.0mg

七訂日本食品標準成分表より

●茹でたブロッコリー可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
27
kcal
91.3
g
3.5
g
0.4
g
4.3
g
0.5
g
(0.05)
g
(0.12)
g
0 3.7
g
ビタミン
カロテン当量 E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C

770

μg

2.1
mg

150

μg

0.06
mg
0.09
mg
0.4
mg
0.12
mg
120
μg
0.78
mg
54
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
14mg 180mg 33mg 17mg 66mg 0.7mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。