アレッタ<茎ブロッコリー

アレッタ,茎ブロッコリー,スティックブロッコリー

●アレッタとは

◆ブロッコリー変種×ケール変種

アレッタ,茎ブロッコリー,スティックブロッコリー

「アレッタ」という名前からイタリア野菜のような印象を受けますが、これは国内で生まれた品種です。

アレッタは農林水産省の登録品種データベースによると、三重県の育苗会社の株式会社ナコスが『ブロッコリー「ゆとり」の後代に出願者所有のケールの育成系統を交配し、選抜したもの』となっています。

2007(平成19)年に登録出願され、2011(平成23)年に品種登録されています。

◆アレッタの特徴

アレッタ,茎ブロッコリー,スティックブロッコリー

アレッタはスティックブロッコリーの一種と考えて良いと思われますが、葉も美味しく、色々な料理で楽しめます。

茎はやや細く、茹でると適度な歯ざわりがあり、ほんのり甘味が感じられます。花芽や茎は菜の花よりもしっかりとしており、茹でてから炒め物などに使っても食感が良い具合に残ります。

茹でたアレッタ

株式会社ナコスのホームページには『新芽は葉物野菜や青汁として又、葉・茎・つぼみは、炒め物・天ぷら・蒸し物・和え物・巻物のねた・汁物などにどうぞ。パスタやグラタンにもおすすめです。』と書かれています。

◆アレッタの保存方法

アレッタはスティックブロックリーなどと同じように乾燥しないように袋などに入れ、冷蔵庫の野菜庫になるべく立てた状態で入れておきましょう。長期保存する場合は、さっと固めに茹でてから水気を切って、バットなどに重ならないよう広げて冷凍します。凍ったら密封袋などに入れておけば使いたい分だけ小出しする事ができます。

◆アレッタ<茎ブロッコリーの収穫時期と旬

アレッタは一般地の露地栽培では夏に種を撒き、翌春2月下旬頃から4月にかけてが収穫時期とされています。

実際に出荷されている時期は地方によっても違いがあり、三重県などでは12月頃から春にかけて、また、群馬県や埼玉県など関東では10月中旬ごろから主格が始まり、翌春3月頃まで出回るようになりました。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アレッタ                        
アレッタ,茎ブロッコリー,スティックブロッコリー

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。