にんじん菜(ニンジン菜)/葉にんじん(葉ニンジン)の栄養価と効用

にんじん菜(ニンジン菜)/葉にんじん(葉ニンジン)

●含まれる主な有効成分とその働き

◆たくさんのカロテンを含みます。
 

β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

◆抗酸化ビタミンE

抗酸化力が強いことで知られるビタミンEが沢山含まれています。これには活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。
ビタミンEはこのほかにも、血管を酸化から守り、血行を良くする働きもあると言われています。

●七訂日本食品標準成分表でみる栄養成分量

◆可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
18
kcal
93.5
g
1.1
g
0.2
g
3.7
g
1.1
g
‐ g - g 0 2.7
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
1700
μg
1.1
mg
160
μg
0.06
mg
0.12
mg
1.1
mg
0.15
mg
73
μg
0.43
mg
22
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
31mg 510mg 92mg 27mg 52mg 0.9mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします