クウシンサイ(空心菜)の栄養価と効能

クウシンサイ(空心菜)

クウシンサイ(空心菜)に含まれている栄養成分や効能を知って、普段の食事から効果的に摂取することで余計なサプリメントなど不自然な摂取をする事なく健康な身体を維持しましょう。

それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。

●クウシンサイ(空心菜)の主な栄養素と働き

◆生活習慣病予防に大きく貢献する緑黄色野菜

クウシンサイ(空心菜)にはすごく沢山のβカロテンが含まれています。このβカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持などにも役立っています。

ビタミンCも豊富で、βカロテンと共に活性酸素を減らし老化の防止にもつながります。

◆熱い夏を乗り切る強い味方

クウシンサイ(空心菜)には汗と共に失うカリウムをはじめ、ビタミンB1、B2などを沢山含み、エネルギーの代謝を高め、夏バテ気味の身体にエネルギーを与えてくれるので、熱い夏を乗り切るのにはもってこいの野菜です。

◆骨を丈夫に

クウシンサイ(空心菜)にはカルシウムが沢山含まれていますが、骨の生成には欠かせないマグネシウムヤ、カルシウムを骨に定着させる働きがあるビタミンKも沢山含んでいます。

◆赤血球を増やし、貧血予防にも

クウシンサイ(空心菜)にはヘモグロビンの生成に欠かせない鉄分をはじめ、赤血球を作る働きがある葉酸を沢山含んでいます。特に妊娠中の方にはお勧めしたい野菜の一つで、葉酸と共に赤血球の生成に役立つビタミン12を沢山含んでいるアサリなどと組み合わせる事で、更にその効果はアップします。

◆もちろん便秘予防と大腸がんの予防にも

食物繊維もしっかりと含まれています。

●クウシンサイ(空心菜)の可食部100gあたりの成分

 下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生の状態のヨウサイ(エンサイ、クウシンサイ、アサガオナ)に含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
17
kcal
93.0
g
2.2
g
0.1
g
3.1
g
1.4
g
-g -g 0 3.1
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
4300
μg
2.2
mg
250
μg
0.10
mg
0.20
mg
1.0
mg
0.11
mg
120
μg
0.40
mg
19
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
26mg 380mg 74mg 28mg 44mg 1.5mg

五訂日本食品標準成分表より