ほうれん草(ホウレンソウ)の栄養成分と効用

ホウレンソウ

■ホウレンソウに含まれる主な有効成分と効用

●ホウレンソウは緑黄色野菜 

ホウレンソウはビタミン類、ミネラルなどどれをとっても非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。

●ホウレンソウは非常にたくさんのカロテンを含みます。

β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

●骨の形成や健康維持に

ホウレンソウの赤い根の部分にはマンガンが含まれており、たくさん含まれているカルシウムやマグネシウムと共に、骨の形成や健康維持に役立ちます

●ホウレンソウも旬は栄養価が高い

下の表を見るとやはり、旬の冬に食べる方がビタミンCが沢山摂れる事が分かりますね。

■五訂日本食品標準成分表

●茹でたホウレンソウ 100gあたりの成分 ビタミンCは冬のもの カッコ内は夏のもの

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
25
kcal
91.5
g
2.6
g
0.5
g
4.0
g
1.2
g
0.05
g
0.23
g
0 3.6
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
5400
μg
2.7
mg
320
μg
0.05
mg
0.11
mg
0.3
mg
0.08
mg
110
μg
0.13
mg
30mg
(10mg)
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
10mg 490mg 69mg 40mg 43mg 0.9mg

五訂日本食品標準成分表より