旬の食材百科TOP  / 野菜百科 /  果物百科 / 魚貝百科 / きのこ百科 / ハーブ百科 / レシピノート

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります


 


ほうれん草(ホウレンソウ):美味しい旬の時期や産地と生産量

ホウレンソウ

■ほうれん草(ホウレンソウ)とは

●アカザ科ほうれん草属。 (英)spinach  (仏)epinard

ホウレンソウはアカザ科ほうれん草属の野菜で、原産地はペルシャ地方とされ、日本には江戸時代の初め頃に伝わったとされています。漢字だと「菠薐草」、「法蓮草」、「鳳蓮草」などいくつもあります。

ヨーロッパやアメリカなど世界的に各地で食用とされている野菜で、ポパイのホウレンソウの缶詰でも有名ですね。

●ホウレンソウの品種は

普段あまり品種を気にすることは無いと思いますが、よく見ると微妙に違うものがあります。

東洋種・・・葉の切れ込みが深くとがった形をしています。アクが少なく、お浸しにしてもおいしい。

西洋種・・・葉は切れ込みがなく丸みを帯びていて、少し厚みがある。あくが強くソテーなどして、魚肉料理の付け合せに向いています。

今市場に出回っているもののほとんどは、上記の交雑種で、両方のいいところを残しています。それでも、葉に切れ込みが少しあり東洋種に近いものと、ほとんど切れ込みがない西洋種に近いものとがあるようです。

寒じめちぢみほうれん草・・・ 主に関東で冬だけに露地栽培されているものです。

サラダほうれん草・・・アクをより少なく改良し、生でもおいしく食べられるように改良されたものがいくつかあります。赤軸または赤茎のサラダホウレンソウもその1つで、いくつかの種苗会社から種が販売されています。

赤軸ほうれんそうの解説はこちら →

品種と言うわけではありませんが、緑健栽培されたホウレン草も見た目が少し違います。

それぞれ種類と写真はこちら →

サラダほうれん草

ちぢみほうれん草/縮みホウレン草 赤軸ほうれんそう/赤茎ホウレンソウ

●ホウレンソウの産地と生産量ランキング

ホウレンソウを沢山作っているのは千葉県と埼玉県、それに群馬県、茨城県などです。この上位4県はいずれも関東で、この4県と神奈川県で全国の3分の1を生産しています。

 

■ホウレンソウが美味しい旬の時期

●ほうれん草の旬は冬です

ホウレンソウは全国で栽培され、様々な品種が地域を変えながら収穫され通年市場に出回っていますが、本来の旬は11〜1月の冬です。この時期は色も濃く、栄養分もまして甘味があります。

寒じめちぢみほうれん草●寒締め(かんじめ)ほうれん草

ホウレンソウがある程度成長するまではビニールなどをかけて栽培し収穫前に取り払って冷たい外気に晒す事でホウレンソウの糖度が上がり甘味を持つようになります。また、栄養成分もビタミン類やカロテンなどが増え、美味しく栄養価も高いホウレンソウになります。こうして収穫された物は寒締め(かんじめ)ほうれん草と呼ばれ、北関東や東北でよく行われています。

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
普通のホウレン草                        

ホウレンソウの色々な品種とその写真ギャラリー →

ホウレンソウの選び方と保存方法や料理はこちら →

ホウレンソウのゆで方 →

ホウレンソウに含まれる栄養価と効能はこちら →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   旬の食材百科トップ   / 魚貝百科  / 野菜百科  / 果物百科  / きのこ百科 / ハーブ百科

 

栄養と食材 / 旬の食材百科レシピノート / サイトポリシー / 管理者

 

関連リンク ;

 

旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう! 

Copyright (C) 2003 -2016 All Rights Reserved by Foodslink.jp
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク / 旬の陸釣りノート /  「旬の食材百科」 これ食べてみた / ブログ