桃/モモ/もも:食べ頃の旬の時期と主な産地と生産量

桃

■桃(もも)とは

●バラ科モモ属 (英) Peach   (仏) Peche

いろいろな桃(モモ)

桃はバラ科桃属の木になる果実で、中国が原産とされています。日本では縄文時代から既に種が見つかっていますが、主に食用として本格的に栽培が始まったのは江戸時代位からとされています。明治時代に入り、中国から水蜜桃が輸入されるようになり、それを品種改良した物が現在一般に流通している色々な桃の原型と「なっています。

●さまざまな品種がある桃

桃といっても、それを品種であげると数え切れないくらいの種類があります。それぞれ、微妙に違いがあるのです。一般に桃として店頭に並んでいるものを分類するにも二通りの分け方があります。

黄金桃

●三つの系統

まずは、品種の系統で分けると、白鳳系、白桃系、黄金桃系の三つになります。

各品種の紹介はこちら

●収穫期で分けたりもします

収穫時期でわけると、早生主、中生種、晩生種の三つです。それぞれの品種ごとで、収穫できる期間は10日間程度短く、早生種に始まり、中生種、そして晩生種へとシーズン中次々と店頭に並ぶ品種は変わっていきます。

●桃の品種別生産量

桃の品種別生産量

■桃の主な産地と食べ頃の旬

●主な産地と生産量ランキング

桃の生産量ランキング

桃の主な産地は山梨県、福島県、そして長野県となっています。中でも山梨県は全国の3分の1以上を産する一大産地となっています。また、和歌山や山形、岡山など果物の産地として知られている地方でも桃は沢山作られています。

●桃の旬は夏から初秋

「桃」は詩の世界では秋の季語となっていますが、美味しい食べ頃の旬は夏から初夏の時期で、お盆の時には必ずと言っていいくらいお供え物に入っているのではないでしょうか。

シーズンは極早生品種の「はなよめ」や「ちよひめ」で始まり、それに続いて「白鳳系」、途中からは白桃系が中心となります。味的には、白鳳系は甘みが強く肉質がやわらかめで多汁であるのに対し、白桃系は果肉の色が白く、肉質がやや硬めで締まっており日持ちが良いという傾向があります。 品種ごとの旬は下のカレンダーをご覧ください

 

品種 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
ハウス物      
はなよめ                                          
竜門早生                                          
ちよひめ                                          
白鳳                                          
桃山白鳳                                          
日川白鳳                                          
八幡白鳳                                          
清水白桃                                          
嶺鳳                                          
ワッサー                                          
黄美娘                                          
なつっこ                                          
あかつき                                          
まどか                                          
黄金桃                                          
川中島白桃                                          
幸茜                                          
瀬戸内白桃                                          
みさかっ娘                                          
さくら                                          
ゆうぞら                                          

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。