竜門早生/リュウモンワセ<桃の品種

竜門早生/リュウモンワセ<桃

■竜門早生(りゅうもんわせ)とは?

●和歌山県紀ノ川で発見された極早稲品種

竜門早生/リュウモンワセ<桃

竜門早生桃は和歌山県紀の川市にある竜門地区で発見された極早生の品種です。主に露地栽培され、和歌山では「はなよめ」と共に出荷のトップバッターとなっています。

●竜門早生(りゅうもんわせ)の特徴

竜門早生の果実はやや腰高の傾向があるようで、表皮の色は全体に薄いクリーム色の地に果頂部が赤く、部分的に側面まで色がついているものもあります。色付き方は「はなよめ」や「ちよひめ」などと似ています。

竜門早生/リュウモンワセ<桃

ある程度熟すと皮は指先で簡単に剥くことができ、果肉はとてもジューシーで果汁を滴らせながら食べる感じになります。

今回入手したものは百貨店で1個が400円弱もしました。香りは強くはありませんが桃らしい甘く華やかな香りがあり、果肉は適度な食感で非常にジューシーでした。甘さはやや控えめですが、早生種としては甘い方だと感じました。

■竜門早生(りゅうもんわせ)の主な産地と旬

●主な産地と生産量

竜門早生/リュウモンワセ<桃

主な産地は現在も和歌山県の竜門地区で、主にJA紀の里東部流通センターに集荷され選果を経て出荷されています。それ以外に、個々の農園の直売などもあります。

●竜門早生(りゅうもんわせ)の収穫時期と旬

竜門早生は極早稲品種で、主に露地栽培のトップバッターとして収穫出荷されています。収穫は6月中旬頃から7月頃まで行われ、食べ頃の旬は6月下旬となります。

旬のカレンダー

品種 5月 6月 7月 8月
竜門早生桃                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。