さくら/サクラ<白桃の品種

さくら/サクラ<白桃・もも・モモ

■さくらとは?

●シーズンの最後を締める白桃

さくら/サクラ<白桃・もも・モモ

さくらは白桃の中でもシーズン最後に成熟期を迎える晩生種です。

JAフルーツ山梨に問い合わせたところ、この桃は山梨県において、桜井氏が「川中島白桃」と「千曲」を交配し生まれたものを選抜育成された品種との事で、農林水産省の品種登録はされていないようです。

まだ比較的新しい品種で、現在はまだ生産量が少ないですが、白桃の中でも最も遅い時期に収穫される品種のひとつで、大玉でしかも高糖度になる事から、今後増えてくると思われます。

さくら/サクラ<白桃

●さくらの特徴

さくらの果実は350~450gで大き目の白桃で、表皮は薄い紅色に色付きます。袋掛けせずともきれいに成熟するとされています。

最も大きな特徴は果肉の質で、収穫してすぐは果肉が緻密で固く、カリッとしたしっかりとした歯ざわりが感じられるほどで、それでいて糖度が高く甘い桃です。

固さは追熟によってある程度柔らかくなり、好みで固さが選べるのもいいところです。

さくら/サクラ<白桃・もも・モモ

今回入手したのは山梨県産のもので、実は大きく、一玉450g前後あり、果肉は程よい柔らかさになっていました。滴るほどという訳ではありませんが、食べた時に適度に口の中に甘い果汁が広がる感じで、舌触りはしっとりと滑らかな感じでした。香りは弱く、皮は手で剥くことができないので、ナイフを使わなくてはなりません。

■さくらの主な産地と旬

●主な産地と生産量

全国的にまだ栽培面積は少なく、政府がまとめた平成23年産の栽培面積を見ると山形県が12haで最も多く、次いで秋田県1.2ha、福島県1.0haとなっています。これには記載されていませんが、現在山梨県でも出荷されるようになり、そのほかの地域でも増え始めているようです。

●さくらの収穫時期と旬

さくらは晩生種の中でも最も遅く成熟する品種で、収穫は早い所でも8月末頃から始まり、9月下旬頃までとなります。また、果肉がしっかりとしていて日持も良いので、10月初旬頃まで出回ります。食べ頃の旬は9月上旬から中旬となります。

品種 7月 8月 9月 10月
さくら                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。