瀬戸内白桃(せとうちはくとう) < 桃の品種

瀬戸内白桃(せとうちはくとう) < 桃の品種

■瀬戸内白桃(せとうちはくとう)とは?

●岡山県で生まれた「白桃」の枝変り

瀬戸内白桃(せとうちはくとう) < 桃の品種

瀬戸内白桃は桃の栽培農家が1976(昭和51)年に岡山県山陽町の自園で発見した「白桃」の枝変りで、1983(昭和58)年に品種登録されました。

育成の過程で、昭和56年にこの発見者から山陽農園に地位の承継が行われています。

●瀬戸内白桃の特徴

瀬戸内白桃(せとうちはくとう) < 桃の品種

果実はやや扁円形で250~350gと大き目の桃で、果頂部が凹み、縦に入った縫合線(割れ目)が多少深い感じです。

果皮は色付きにくく、袋がけ栽培されることもあり、全体に薄い黄緑に近い黄色から乳白色のものが多いです。

果肉は果皮色と同じような乳白色で、種の周りが赤く染まり、種の身離れが悪いです。

この桃は果肉が固く日持ちがするとされています。食べる時は熟し具合を見て、食べ頃になるまで十分に追熟したものを選びましょう。やや未熟なものは果肉がとても固く、ゴリゴリした感じで、甘味も物足りなさを感じますが、追熟させ、食べ頃となったものはジューシーで適度な食感となり、甘さが強く酸味が感じられないくらいで美味しいです。

■瀬戸内白桃(せとうちはくとう)の主な産地と旬

●主な産地と生産量

政府の統計データには記載されていませんが、主な産地は岡山県です。それ以外にはその周辺や和歌山県、大阪府などで作られています。全国的にこの桃の生産量はとても少ない希少な品種となっています。

●瀬戸内白桃の収穫時期と旬

瀬戸内白桃は育成地(岡山県山陽町)で9月上旬に成熟する晩生種とされ、収穫は9月初旬頃からとなります。出盛りの旬は9月中旬から下旬にかけてとなります。

品種 8月 9月 10月 11月
瀬戸内白桃                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。