まどか<桃の品種

まどか,マドカ,桃,もも,peach

■まどかとは?

●「あかつき」の自然交雑から生まれた中晩生種

まどか,マドカ,桃,もも,peach

まどかは山形県の果樹苗木生産販売会社(株)イシドウが「大玉あかつき」の自然交雑実生から選抜育成した中晩生種とされています。品種登録はされていませんが、「まどか」という名称は2001(平成13)年に商標登録されています。

大玉で味が良い中晩生品種として、「あかつき」と「川中島白桃」の間に収穫でき、出荷リレーの一区間を担う品種として栽培されています。

まどか,マドカ,桃,もも,peach

●まどかの特徴

育成した株式会社まどかのホームページには以下のように記載されています。

『大きさは350gと大玉で玉揃い良く、果肉は硬くあかつきと同様緻密で果汁多く、甘味強く食味は極めて良い。果形扁円形、着色は良く、全面濃紅ビロード状に着色する。核割れ、裂果はほとんどなく、日持ちが大変良い。』

また、まどかは『あかつきよりも硬くて果汁も多く、甘味も強いので、柔らかくなっても甘味がおちない。』とされています。

●実際に食べてみた食味

まどか,マドカ,桃,もも,peach

今回入手した物は特秀で階級15とされているものでした。果皮は手では綺麗に剥けず、ナイフが必要です。縫合線に沿ってナイフを入れ、手でひねると写真のように綺麗に半分に割れます。

果肉は白地に紅が混じる感じで、食感は緻密でややしっかりしているようでありながら、白鳳系にも似た柔らかさも感じられました。甘さは印象に残るものではありませんでしたが、食感の良さや見た目が印象に残っています。

■まどかの主な産地と旬

●主な産地と生産量

主な産地は福島県をはじめとする東北地方で、政府がまとめた平成24年産の栽培面積を見ると、福島県が全国の約77%を占めています。その他は山形県、青森県、秋田県となっています。

●まどかの収穫時期と旬

収穫時期は福島県では「あかつき」より10日位遅く、8月中旬から~下旬にかけてとなっています。

旬のカレンダー

品種 7月 8月 9月 10月
まどか                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。