ニンニクとニンニクの芽(茎ニンニク):栄養成分と効用

ニンニク

■ニンニクに含まれる主な有効成分と効用

●疲労回復や滋養強壮に効果

ニンニク

にんにく特有のにおいのもとは硫化アリルの一種アリシンという物質です。これはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。また、スコルニジン(スコルジン)には新陳代謝を促し、疲労回復効果があるとされる他、末梢血管拡張作用により血のめぐりをよくする働きがあり、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの予防にも効果が期待できます。

●免疫力を高め、がんの予防にも効果

また、アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。更に、血行促進により、冷え性や動脈硬化、血栓の予防にも効果的とされています。

●非常に強い殺菌効果

また、アリシンには強い殺菌作用があり、恐ろしい結核菌、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌などを含め、広範囲の菌に対して、抗生物質として働くことが確かめられましたそうです。

●摂り過ぎは禁物

身体に良いとは言うものの、何事も程ほどにというように、摂り過ぎは禁物。にんにくは成分が強過ぎるため摂り過ぎると胃腸に悪影響を与える事もあります。

●にんにくの芽にはカロテンも

にんにくの芽はにおいがやわらかく、沢山の量を食べやすいので効率よく摂取する事が出来ます。また、上記の有効成分はもちろん、それ以外にもカロテンや食物繊維なども含まれています。

●にんにくの芽にはたっぷりとビタミンCが

にんにくの芽にはビタミンCもたっぷり。免疫力を高め風邪などの予防や美肌対策にも効果的ですね。

■五訂日本食品標準成分表でみるニンニクの栄養成分

●生のニンニク

 下の表は生のニンニク 可食部100gあたりの成分に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
134
kcal
65.1
g
6
g
1.3
g
26.3
g
1.3
g
0.18
g
0.45
g
- 5.7
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
0
μg
0.5
mg
tr 0.19
mg
0.07
mg
0.7
mg
1.5
mg
92
μg
0.55
mg
10
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
9mg 530mg 14mg 25mg 150mg 0.8mg

五訂日本食品標準成分表より

国内産 ニンニクの芽

●生のニンニクの芽(花茎)

 下の表は生のニンニクの芽(花茎) 可食部100gあたりに含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
45
kcal
86.7
g
1.9
g
0.3
g
10.6
g
0.5
g
0g 0g - 3.8
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
710
μg
0.8
mg
54
μg
0.11
mg
0.10
mg
0.3
mg
0.31
mg
120
μg
0.29
mg
45
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
9mg 160mg 45mg 15mg 33mg 0.5mg/div>

五訂日本食品標準成分表より