旬の食材百科TOP / 野菜TOP / 野菜の旬カレンダー / 旬の食材と栄養素 / ブログ /

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります



ぎんなん(銀杏・ギンナン):栄養価と効用

■銀杏(ぎんなん)の主な有効成分と効用

●ギンナンは栄養価が高い食材です。

でんぷんカロチンビタミンCなどを含んでいます

●ミネラルも豊富です

カリウムをはじめ、マグネシウムやリン、鉄など、骨を作るのに欠かせないミネラルを沢山含んでいます。

●古くから薬として活躍

中国や日本でも、古くから民間療法で活躍しており、せきや痰、また、夜尿症にも効くそうです。

●食べすぎは要注意

ぎんなんにはビタミンB6の作用を妨げるメチルビリドキシンという中毒物質が含まれており、食べ過ぎるとけいれんなどの中毒が起きるそうです。特に幼児には解毒能力が弱いので注意が必要です。

■五訂日本食品標準成分表でみる銀杏の栄養性分量

●銀杏(ぎんなん)の可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

水分
灰分
166kcal
58.9g
4.1g
1.3g
34.5g
1.2g
0.11g
0.54g
0
2.2g

C

260μg
1.6mg
3μg
0.24mg
0.07mg
1.0mg
0.02mg
36μg
0.97mg
20mg

ナトリウム
リン
0mg
580mg
8mg
42mg
83mg
1.1mg
五訂日本食品標準成分表より

銀杏の特徴や産地と出回る旬の時期はこちら →

銀杏の選び方と保存方法や食べ方はこちら →

銀杏のお取り寄せはこちら →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク
旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう!

飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2011 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp