セロリ:栄養価と効能

セロリ クリックで拡大

■セロリに含まれる主な有効成分と効用

カリウムを多く含んでいます

 ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

●特有の香りに効能あり

 セロリの特徴的な香りはアピオイルという精油成分やアピインなどによるもので、これらにはイライラを鎮め精神を安定させる働きがあると言われています。

●セロリにもビタミンUが含まれています

 セロリにもキャベツに含まれているビタミンUが含まれいます。このビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸粘膜を修復するなどの働きがあります。

■五訂日本食品標準成分表

●生のセロリ 葉と茎 可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
15
kcal
94.7
g
1.0
g
0.1
g
3.2
g
1.0
g
-g -g 0 1.5
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
44
μg
0.2
mg
10
μg
0.03
mg
0.03
mg
Tr 0.08
mg
29
μg
0.26
mg
7
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
28mg 410mg 39mg 9mg 39mg 0.2mg

五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。