カブ(蕪/かぶ):旬の時期と主な産地や生産量

色々なカブ かぶ 蕪 かぶら

■カブ(蕪/かぶ)とは

●アブラナ科アブラナ属 (英)turnip (仏)nabet

小蕪・こかぶ・コカブ

カブはアブラナの一種で、チンゲンサイや白菜、菜の花、キャベツなどの仲間にあたります。日本では古くから親しまれてきた野菜の一つで、全国各地にわたり沢山の品種が栽培されてきました。また、その呼び名も様々あり、一般的に知られているものでは「かぶら」や「かぶな」などがあります。下にあげた「すずな」もその一つです。

●春の七草のひとつ

カブ かぶらの葉

 かぶは別名で「すずな」とも言われ、春の七草のひとつでもあります。

●根も葉もおいしい

 根の部分だけではなく、 葉もおいしく、品種によっては主に葉を食べるものもあります。根は淡色野菜で、葉は緑黄色野菜です

●赤白大小いろいろな品種があります

 赤かぶ、白かぶ、大小といろいろありますが、最も一般的なものは白い「小かぶ」です。

品種の紹介はこちら →

■カブ(蕪/かぶ)の産地と美味しい旬

●カブの主な産地と生産量ランキング

かぶの産地と生産量

右の表は農林水産省による平成22年の生産量統計データです。これで見るとカブを最も沢山作っているのは千葉県です。圧倒的に多いですね。次いで埼玉県、青森県となっています。

●地方色豊か

品種が非常におおく、全国各地で栽培され、聖護院かぶら(京都)や日野菜(滋賀)など地方固有の品種も数多く見られます。

●カブの旬は

 カブは通年出荷されていますが、やはり寒い時期のほうが甘味もまして美味しいようです。11月頃から1月頃が最も沢山出回り、味も美味しくなる旬と言えます。

●カブの旬カレンダー

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
小かぶ                        
聖護院かぶ                        
赤かぶ                        

カブ(蕪/かぶ):主な品種の特徴や画像

かぶの品種は非常に多く、全国各地に地の物があったりしますが、大きく分けると、大きさで小かぶと大かぶ、色で赤カブ、それに丸くなく、長い形をした日野菜などがあります。

ここではそんな色々なカブの種類を、出来る限り写真と共に紹介しています。まだまだ写真や内容が乏しいですが、今後少しずつ増やしていきます。

各画像をクリックして頂ければそれぞれのページに移動します。