黄かぶ/黄金カブ<ターニップ:特徴や産地と旬

黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップ

●黄かぶ/黄金カブとは

◆黄色い西洋かぶ

黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップ

 黄金かぶと呼ばれているものは外皮、果肉共に黄色いターニップ(西洋かぶ)の一種で、ルタバガに似ていますが、ルタバガが腰高で葉柄の付け根周辺が黄緑になる傾向があるのに対し、本種は形が日本の小かぶと同じように丸く、全体に綺麗な黄色になっています。

 種は色々な種苗会社から販売されていますが、おそらくどれも同じ海外の種苗メーカーで交配されたF1の種と思われます。

ルタバガ/スウェーデンカブの紹介ページはこちら →


◆黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップの特徴

黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップ

 この黄金かぶは直径6~7cm程でちょうど一般的な白いコカブと同じくらいの大きさです。形もよく似た球形です。

 表皮が綺麗な黄色なのに対し中の肉色はクリーム色で、一般的なカブよりも固く締りがありルタバガに近い感じです。

 香りは強くはなく、ほんのりと甘く一般的なカブとは少し違った柔らかい風味です。

●美味しい食べ方と料理

黄かぶ/黄金カブ/イエローターニップ

◆調理のポイントと用途

 黄金かぶは西洋かぶなので、シチューやポトフなどの煮込み料理が王道です。その他ブイヨンで煮てマッシュにし、メイン料理の付け合わせにされることも多い。すこし硬めですが薄くスライスすれば生のままでも食べられるので、綺麗な黄色い色を活かしサラダに加えるのも良いでしょう。厚さ1~1.5cmに輪切りにして、塩胡椒を振りソテーしても付け合わせになります。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。