ヒラタケ/平茸/ひらたけ:特徴や産地と旬

ヒラタケ/平茸/ひらたけ

●ヒラタケとは

◆名称と分類

ヒラタケ(平茸/ひらたけ)

分類:ヒラタケ科ヒラタケ属

学名:Pleurotus ostreatus

和名:ヒラタケ(平茸/ひらたけ)

英名:Oyster mushroom

仏名:Pleurotus ostreatus

別名:カンタケ

 ヒラタケは世界中の温帯の山林に発生している一般的なキノコで、世界各地で食用とされています。

 栽培も盛んに行われ、欧米ではオイスター・マッシュルール(oyster mushroom)として知られています。日本でも広く栽培されていますが、かつて現在よく目にするブナシメジのように瓶による菌床栽培が盛んに行われ、「シメジ」として流通していた時代がありましたが、「本シメジ」という名称でブナシメジが登場し、味、食感の良さから市場に一気に広まるとともにこのヒラタケは姿を消していきました。近年になり、写真のような傘が大きくなった状態で本来の「ひらたけ」という名称で販売されるようになりました。

◆ヒラタケの特徴

ヒラタケ/平茸/ひらたけ

 ヒラタケは主に広葉樹の枯れ木や切り株などに生え、大きな塊となって幾重にも重なって発生し、見つけると一株10kg前後ある場合が多々あります。天然のものは発生した環境によって色や形に違いが出るようで、立ち木にできたものは偏芯形になり、大きくなると扇のようになることも多いです。

ヒラタケ(平茸/ひらたけ)

 菌床栽培されているものは中央が窪んでじょうご型になっているものが多いです。

 いずれにしても、傘にぬめりはなくさらっとしていて、裏側のヒダは白く、柄の部分にまでかかっているのが特徴です。

●ヒラタケの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

ヒラタケの生産量

 政府の統計データによると平成22年は茨城県が最も多く、全国の25%を生産しています。次いで新潟、長崎と続きます。

 ヒラタケは沖縄を除く全国で生産されています。

◆ヒラタケの収穫時期と旬

 晩秋から春

 ヒラタケは比較的寒い時期のキノコで、晩秋から春にかけて広葉樹の枯れ木や切り株に発生します。夏に見られるのは同じヒラタケ属のウスヒラタケの場合が多いようです。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヒラタケ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。