タケノコ(筍/たけのこ):出回る旬の時期や種類と産地、

タケノコ(筍)

■タケノコ(筍)とは

●筍、竹の子 って? (英)bamboo shoot

タケノコ(筍)

 タケノコとはご存知のとおり竹の芽の部分です。竹にはいくつかの種類がありますが、たけのことはすべての竹の芽の総称として使われています。

竹は意外にもイネ科にあたり、温暖な地域に多く生えています。その種類も多く、70種類ほどあるといわれていますが、食用にされているものは孟宗竹をはじめ、ほんの数種類です。春の味覚を代表する食材ですね。

 上の写真は孟宗竹のタケノコです。

●名前の由来

 その名前「筍」は一旬(10日間ほど)であの「竹」までに生長してしまうからだそうです。だから、食べられる期間もほんの一瞬、土から出るかで無いかというときだけなので、目が離せません。そんなに成長が早いにもかかわらず、竹の寿命は百年以上とも言われています。不思議ですね。

■タケノコの主な種類

●孟宗竹(もうそうちく)

中国江南地方の原産で一般にタケノコと言えばこれを指します。大型で厚みがあり、実は白くて柔らかく、えぐみも少ない独特の甘味を含んだ上品な味わいと、歯ごたえがあります。 粘土質の地表にワラ敷き、土を盛って柔らかいタケノコを作る京都のものが有名。

●淡竹(はちく)

竹は孟宗竹より細く、粉をふいた淡い緑で大変美しい。筍は一般市場にはあまり出回っていません。

●真竹(またけ)

細めの筍で、皮にうぶ毛が無く、黒い斑点がああるのが特徴です。味はしっかりとしていますが、あくや苦みも強いほうです。

●根曲がり竹

東北、北海道など北日本が主な産地です。小型で細い竹。筍も太さ1~2cm程度で、山菜などと同じように売られています。身は白くて独特の風味があり、アクが少なく非常に歯ざわりがいい。

●寒山竹(かんざんちく)

大名竹(大明竹)とも呼ばれ、西南日本に広く分布しています。

■タケノコの主な産地と食べ頃の旬

●全国のタケノコ生産量ランキング ベスト10

 生産量で見ると福岡が最も沢山生産出荷しています。次いで鹿児島、熊本と九州が全国の約7割を賄っているという事になります。暖かく、他の地方よりも早くから出荷されるからでしょうか。

京都も4位に挙がっています。

福岡では北九州の「合馬たけのこ」が有名で、12月中旬頃から出荷が始まります。

●タケノコの収穫時期と食べ頃の旬

タケノコ/たけのこ/筍

 収穫時期は地方によってかなり差が出てきます。鹿児島など早い地方では11月頃から収穫が始まるところもあり、九州や四国の「早堀たけのこ」と呼ばれるものはおおむね12月中旬からが本格的に出荷が始まります。

京都あたりでは2月中旬頃から始まります。

モウソウチクが最も美味しく、安く沢山出回る食べ頃の旬は3月から4月です。ハチクやマタケはもう少し遅い4月中旬頃から6月にかけて、ネマガリタケは更に遅く5月中旬頃からが旬となります。

おおむね、春から初夏が旬と言えるでしょう。

 それぞれの旬の時期は下記の表をご覧ください。モウソウチクに始まり、ハチク、マタケが追いかけ、後半にネマガリタケ、そして最後にカンザンチクの旬となります。

旬のカレンダー

種類 3月 4月 5月 6月 7月 8月
孟宗竹(モウソウチク)                        
淡竹(ハチク)                        
真竹(マタケ)                        
根曲がり竹                        
寒山竹(カンザンチク)                        
 
種類 9月 10月 11月 12月 1月 2月
四方竹(シホウチク)                        
寒竹