ハチク(淡竹/はちく)<タケノコの種類

淡竹(ハチク)

●ハチク(淡竹/はちく)の特徴

◆ハチク(淡竹/はちく)は孟宗竹が伸びて空を突く頃出てきます。

近畿では5月の連休も終わり、気温がぐんぐん上がる中旬頃、淡竹(ハチク)もぐんぐん顔を出します。

◆ハチク(淡竹/はちく)には産毛が無い

ハチク(淡竹/はちく)の大きな特徴は、皮の色合いと、産毛が無い事です。全く無いと言えば語弊がありますが、孟宗竹の場合は土の中の物は薄茶色く、土から顔を出した物は黒々とした暗い茶色をしていて、その表面には産毛がびっしり付いています。それに対しハチクは赤みを帯びたような薄い茶色で、その方面はツルっとしていて産毛はほとんど感じない程度にしかついていません。

淡竹(ハチク)◆どんなところに生えるの?

孟宗竹もそうですが、一端的に手入れをされていない竹やぶの場合、筍は藪の中よりも藪の周りに良い物が出てきます。また、竹を伐採されて剥きだしになっているような場所も沢山出てきます。

上の画像をご覧ください。前年に伐採され、剥きだしになった土手に無数の淡竹が出てきています。まるでアスパラガス畑状態ですね。

また、藪近くの草むらなどにも根を伸ばして沢山出ている事があります。下の写真がそうですが、藪はかなり遠くにあるのですが、草むらのような土手に、これまた草に混じってニョキニョキ出ていますね。

●ハチク(淡竹/はちく)の採り方

◆孟宗竹の筍との違い

淡竹(ハチク)淡竹(ハチク)は孟宗竹のタケノコとは違い、地面を掘る事はありません。孟宗竹の場合は地下茎が深く、タケノコが地面から顔を出してしまうとエグミが出始めるので、顔を出す前を探し出し掘って採ります。だから「筍掘り」と言います。

それに対し、淡竹(ハチク)は地下茎が浅く、すぐに地面に出てきます。また、エグミ、所謂アクが強くないので、地面から出ているものを採ります。その際、地面より下の地下茎に繋がっている部分はとても固くて食べられません。

◆どういうものが美味しいの?

淡竹(ハチク)採る時は、地面から30cm~40cm位までの物を採ります。鎌を使って刈り取る事も多いのですが、食べられそうなものを見極めるのに慣れるまでは手を使ってみると良いでしょう。

地面近くを握り、折り曲げるようにして強く引っ張り、スポッと抜けるように採ります。これが抜けず、固くグニャっと折れ曲がるだけの物はもう固くて食べられなくなっていると思えばいいです。なので、淡竹(ハチク)の場合は「掘り」ではなく「淡竹(ハチク)採り」または鎌で切りとったりもするので「「淡竹(ハチク)刈り」と呼びます。

太さですが、一般的には太い物の方が美味しいです。でも、笹の様に細い物でも、太い物とは違った美味しさがあって私個人的には好きです。要するに、太さにかかわらず、柔らかいものを選ぶという事です。