万願寺とうがらし/万願寺唐辛子/万願寺甘とう

万願寺とうがらし(万願寺唐辛子)

●万願寺とうがらし(万願寺唐辛子)とは

◆万願寺とうがらしは甘とうがらしの一種で、京都府舞鶴市の万願寺地区で生まれた「ブランド京野菜」の一つです。

万願寺とうがらし(万願寺唐辛子)の断面

大正末期に当時貿易港として栄えていた舞鶴で、従来から京都で栽培されていた在来種の伏見とうがらしと、ピーマンの一種カリフォルニア・ワンダーが交配して出来たとされています。

舞鶴の万願寺地区でそれ以降地元消費用に作り続けてこられたので、この地区名をとって「万願寺とうがらし」と呼ばれるようになりました。地元では「万願寺甘」と呼ばれているそうです。

ピーマン系の品種との交配種らしく、その果肉は大きくて厚みがあり、ピーマンと肉質が似ていて、同じように種も少なく食べやすいです。違いはその形で、唐辛子らしく細長く、そして肩の部分がくびれているのが大きな特徴です。また、柔らかくほんのりと甘味があり、ピーマンのような青臭みが少ないのも特徴で、その大きさから「とうがらしの王様」とも呼ばれています。

◆ブランド京野菜の「万願寺甘とう」は辛い物や色付いたものが激減

在来種の万願寺とうがらしは獅子とうがらしがそうであるように時々辛い物が出来たり、紫色に発色するものが出来たりしていました。その後京都府が品種改良を進め、2007年に「京都万願寺1号」が品種登録。更に2011年に「京都万願寺2号」が品種登録され2012年頃にはJA京都にのくに管内(舞鶴市・綾部市・福知山市)の露地物のすべてがこの新しい品種に切り替えられ、辛い物や紫色に色付くものがほとんどなくなったとの事です。

◆赤万願寺とうがらし

万願寺唐辛子は通常緑色の状態で収穫されますが、収穫を遅らせ、木になったままにしておくとピーマンと同じように赤く色付きます。こうして赤くなってから収穫された万願寺唐辛子は「赤万願寺」と呼ばれ市場にも出回ります。赤いと辛そうな印象を持つかもしれませんが、パプリカのようにほんのりと甘みが感じられ、彩りもよく美味しいものです。ただ、栽培期間が長くなり、また、手間もかかるのでその分高めの値段が付いています。

●万願寺とうがらしの旬は初夏から夏です

◆主な産地

「京のブランド産品」として扱われている「万願寺甘とう」は地域団体商標として登録された商品名で、原産地の舞鶴市をはじめ、JA京都にのくに管内の綾部市や福知山市で栽培されていますが、万願寺とうがらしそのものは現在では日本各地で作られるようになりました。種や苗も各地で売られているので、家庭菜園でも気軽に作る事が出来ます。

◆旬の時期

万願寺とうがらしはハウス栽培などで通年出回りますが、太陽をいっぱい浴びた露地物の唐辛子は主に初夏の5月上旬頃からから9月下旬頃にかけて収穫されます。旬は6月から8月にかけての夏です。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
伏見甘とうがらし                        
万願寺とうがらし                        
万願寺とうがらし(万願寺唐辛子)