ししとう(獅子唐)/甘とうがらし(甘唐辛子):選び方と保存方法

■美味しいししとうや甘とうがらしの選び方

●ししとう(獅子唐)と伏見とうがらしや甘長とうがらしの選ぶポイント

獅子とうがらし

◆鮮やかな緑色をいていて艶があり、さわった時に張りがあり、柔らかい弾力を感じるものを選びます。ただし、固く感じるものは鮮度が落ちてる場合があるので避けてください。また獅子唐の場合、色がやや黒みを帯びた緑の物は辛い可能性があるようです。

◆軸の切り口がまだ新しく、茶色く変色したり干からびたりしていないか確かめます。

◆大き過ぎるものは育ち過ぎで美味しさで劣ります。

●万願寺とうがらしとその系統の甘長とうがらしの選ぶポイント

万願寺とうがらし

◆鮮やかな緑色をいていて艶があり、しっかりと固さを感じるものを選びます。

◆肩の部分にくびれがあるのが特徴で、それがしっかりと出ている物が良品です。

◆軸の切り口がまだ新しく、茶色く変色したり干からびたりしていないか確かめます。

ほどからなんばん

●ほどからなんばんの見分け方

◆鮮やかな緑色をいていて艶があり、さわった時に張りがあるものを選びます。

◆ほどからなんばんの特徴は、大きいものほど辛みが強くなるという事なので、好みに応じて大きいものか小さめのものを選ぶと良いでしょう。

■ししとうや甘とうがらしの上手な保存方法

●甘唐辛子(甘とうがらし)の保存方法

ししとう(獅子唐)などの甘唐辛子(甘とうがらし)は暖かい環境で育った野菜なので、冷蔵庫の低温化に長時間入れておくと低温障害を起こし傷みやすく、また、カロテンも減ってしまいます。

保存する場合は乾燥しないようにビニールやポリ袋に入れて野菜庫に入れておきます。10度前後で保存するのがベストです。

●甘唐辛子(甘とうがらし)の保存方法

言うまでもなく新鮮な旬の野菜を新鮮なうちに食べるのが一番美味しいですよね、なのであまりお勧めはしたくないですが、沢山あって困っている時など、どうしても長期保存したいという場合は冷凍しましょう。

獅子唐は洗った後、固い軸の部分、又は頭の部分まで切り落とし、茹でたりせず生のままバットなどに広げ一気に冷凍します。凍ってから保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。伏見とうがらしや万願寺とうがらしの場合、好みで種が気になる方は、ヘタの部分と共に、包丁で開き、中の種を取り除いて冷凍しましょう。生のままで大丈夫す。

使う時は凍っている状態のまま調理します。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。