なかの真紅:来歴や特徴と産地や旬

なかの真紅の断面,果肉が赤い,りんご,リンゴ

●なかの真紅とは

 「なかの真紅」は長野県の育種家、吉家一雄氏が「いろどり」に「ふじ」を交配し育成した果皮、果肉ともに赤い、やや晩成種のリンゴです。

◆なかの真紅の来歴

 「なかの真紅」は長野県中野市で長年赤肉リンゴの育種研究をされている吉家一雄氏が自身で育成した赤肉系品種「いろどり(「紅玉」×「ピンクパール」)」に「ふじ」を交配し育成した赤肉系のリンゴで、2014(平成26)年に種苗法に基づく登録出願、2018(平成30)年に品種登録されています。同時期に品種登録された「ムーンルージュ」「炎舞」とは交配親が同じ兄弟品種です。

なかの真紅,果肉が赤い,りんご,リンゴ

 吉家一雄氏は「いろどり」を皮切りに「なかの真紅」をはじめ「ムーンルージュ」「炎舞(えんぶ)」、さらに「なかののきらめき」「冬彩華(とうさいか)」と現在6品種を生み出されており、今後さらに育種を進めておられるようです。

◆なかの真紅の特徴

 「なかの真紅」は果実重250~300gで「ふじ」よりやや小さい。果形は円錐形ですが、生産者の木村りんご園さんによると粒揃いは今一つでいびつなものも多いとのことです。

 果皮色は黄色の地に濃赤色に着色し、熟期に入ると果皮表面にワックス上がりと呼ばれる、ロウ質でテカテカした状態になります。

 そしてこのリンゴの最大ともいえる特徴は果肉に桃から赤色の着色が見られることです。着色は均一ではなく、写真のように縦半分と赤道切りした断面を見ると分かるようにまだらに着色します。

なかの真紅の断面,果肉が赤い,りんご,リンゴ

 果肉は硬めで糖度が高く、甘酸適和で食味の良いリンゴとなっています。また、もぎたてはシソのような独特の風味があるそうです。

 ただ、果芯部は空洞ができやすく、そのため芯カビが発生しやすいとのことです。

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----

 果実の大きさはやや大、果実の形は円錐形、果実の王冠の強弱は無又は弱、果実のがくの開閉は中、

 果皮のろう質の多少は中、果面の粗滑は滑、果皮の地色は黄、果皮を被う色の面積は大、果皮を被う色は紫紅、果皮を被う色の濃淡は濃、果皮を被う色の型は不明瞭なしま模様を伴った全面着色、

 梗あ周辺のさびの量は無又は小、果実側面のさびの量は無又は小、がくあ周辺のさびの量は無又は小、果点の数は少、果点の大きさは中、スカーフスキンの多少は少、

 果柄の長さは中、果柄の太さは太、梗あの深さは中、梗あの幅は中、がくあの深さは中、がくあの幅は中、

 果肉の硬さは硬、果肉の色は帯桃、果実の甘味は高、果実の酸味は中、果実の蜜の多少は少、果心の形は円錐形、開花始期は中、収穫期は中である。

 出願品種「なかの真紅」は、対照品種「紅の夢」と比較して、果実の形が円錐形であること、果皮の地色が黄であること、果実の甘味が高であること、果実の酸味が中であること等で区別性が認められる。

 対照品種「HFF60」と比較して、果実の形が円錐形であること、果皮の地色が黄であること、果皮を被う色の面積が大であること、果実の甘味が高であること等で区別性が認められる。

-----』以上、抜粋。

◆実際に食べてみたなかの真紅の食味

 撮影試食した「なかの真紅」は青森県黒石市のAT farm 木村りんご園さんから10月中旬に取り寄せたものです。

なかの真紅の断面,果肉が赤い,りんご,リンゴ なかの真紅の糖度,果肉が赤い,りんご,リンゴ

 果実は320g前後で果皮表面はワックスでテカテカしていて触るとべたつくほどです。これが十分に熟したときの『ワックス上がり』という状態という事なのでしょう。

 赤道切りすると断面が花のような模様に赤く着色していてとても綺麗です。

 食べてみると、シソの風味は分からなかったのですが、甘味が強く、それを支えられるに十分な酸味もあって、りんごらしい甘酸っぱい味わいでした。渋みもなく、糖度を計ると14.8度ありました。

●なかの真紅の主な産地と旬

なかの真紅,果肉が赤い,りんご,リンゴ

◆主な産地と生産量

 「なかの真紅」は長野県の吉家一雄氏が手がけた赤肉のりんご6種の一つですが、苗木の販売が長野県中野市内に限定されている「なかののきらめき」や「いろどり」とは違い、全国どこでも苗木を取り寄せて栽培することは可能です。

 ただ、まだ2018年に品種登録されたばかりの新しい品種で、しかも果肉が赤く一般的ではないタイプのリンゴなので生産者はまだ少なく市場には極わずかしか出回っていません。

◆なかの真紅の収穫時期と旬

 「なかの真紅」は育成地の長野県で10月下旬に収穫時期を迎えるやや晩成種となっていますが、今回取り寄せた青森県の生産者によると、10月中旬頃には収穫が始められそうとのことで、10月15日には手元に届きました。

 貯蔵性は普通冷蔵で2か月以上はもつようです。ただ、生産量が少ないので、貯蔵されず収穫後ほぼ市場に出払ってしまうと思われます。

 レストランや製菓店では収穫後に確保し、冷蔵庫で貯蔵しておけばクリスマスの時期に使うこともできそうです。

旬のカレンダー

品種 10月 11月 12月 1月
なかの真紅                        

< 出 典 >

 ※ 「なかの真紅<なかのしんく> 普通品」AT farm 木村りんご園ホームページ

 ※ 「なかの真紅」 品種登録データベース 農林水産省ホームページ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。