ムーンルージュ:来歴や特徴と産地や旬

ムーンルージュ 果肉が赤いリンゴ

●ムーンルージュとは

◆ムーンルージュの来歴

 「ムーンルージュ」は長野県中野市で長年赤肉リンゴの育種研究をされている吉家一雄氏が自身で育成した赤肉系品種「いろどり(「紅玉」×「ピンクパール」)」に「ふじ」を交配し育成した赤肉系のリンゴで、2014(平成26)年に種苗法に基づく登録出願、2018(平成30)年に品種登録されています。同時期に品種登録された「なかの真紅」「炎舞」とは交配親が同じ兄弟品種です。

 吉家一雄氏は「いろどり」を皮切りに「ムーンルージュ」をはじめ「なかの真紅」「炎舞(えんぶ)」、さらに「なかののきらめき」「冬彩華(とうさいか)」と現在6品種を生み出されており、今後さらに育種を進めておられるようです。

◆ムーンルージュの特徴

 「ムーンルージュ」の果実はやや大玉で扁円形になる傾向があり、果実の王冠はないかあってもわずかとされています。

ムーンルージュ 果肉が赤いリンゴ

 果皮色に大きな特徴があり、黄緑から黄色の地色にややまだらな感じに淡いオレンジから赤橙に色付きます。これは皮が薄く、熟すにつれて赤くなる果肉の色が透けるように着色しているようです。

 今回撮影したものは、青森県の(株)AT farm 木村りんご園さんに送っていただいたもので、扁円形のものに混じって長円錐形のものもあり、小さくまとまった王冠も特徴的でした。

ムーンルージュ 果肉が赤いリンゴ

 「ムーンルージュ」の最大の特徴はこの果肉で、果皮に近い部分が赤色から桃色になっています。果肉の食感は硬めで糖度が上がりやすく蜜も入りやすい上、酸味が少なく甘いリンゴになります。

ムーンルージュの断面と果肉 果肉が赤いリンゴ

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----

 果実の大きさは大、果実の形は扁円形、果実の王冠の強弱は無又は弱、果実のがくの開閉は小、

 果皮のろう質の多少は無又は少、果面の粗滑は中、果皮の地色は黄緑、果皮を被う色の面積は中、果皮を被う色は橙赤、果皮を被う色の濃淡は淡、果皮を被う色の型は全面着色、

 梗あ周辺のさびの量は無又は小、果実側面のさびの量は無又は小、がくあ周辺のさびの量は無又は小、果点の数は少、果点の大きさはやや小、スカーフスキンの多少は無、

 果柄の長さは中、果柄の太さは中、梗あの深さは中、梗あの幅は中、がくあの深さは深、がくあの幅は中、

 果肉の硬さは硬、果肉の色は帯桃、果実の甘味は高、果実の酸味は中、果実の蜜の多少は多、果心の形は円錐形、

 開花始期は中、収穫期は晩である。   

 出願品種「ムーンルージュ」は、対照品種「紅の夢」と比較して、果皮を被う色が橙赤であること、果実の甘味が高であること、果実の酸味が中であること、果実の蜜の多少が多であること等で区別性が認められる。

 対照品種「HFF60」と比較して、果実の形が扁円形であること、果皮を被う色の面積が中であること、果肉の硬さが硬であること、果実の甘味が高であること、果実の蜜の多少が多であること、収穫期が晩であること等で区別性が認められる。

-----』以上、抜粋。

◆実際に食べてみたムーンルージュの食味

 試食したものは、青森県の(株)AT farm 木村りんご園さんに11月下旬に送っていただいたもので、ひと玉350g前後でした。

ムーンルージュ 果肉が赤いリンゴ

 果皮色は全体に赤橙に色づいているものから色付きが薄いものまであり、切ってみるとやはり果皮の色付きが良い物ほど果肉の色も赤味が強い傾向がありましたが、ほとんどのリンゴに蜜が入っていました。

ムーンルージュの断面と果肉 果肉が赤いリンゴ

 皮ごとかじってみると、皮はとても薄く、皮ごと食べてもあまり気にならないくらいで、果肉はしっかりとした硬さが歯に感じられました。写真は皮を剥いてスライスしています。

 甘味が強く、酸味は比較的穏やかで糖度を量ってみると17度を超えていました。

ムーンルージュの断面と果肉 果肉が赤いリンゴ

 「いろどり」や「なかののきらめき」に比べると果肉の色はソフトな感じでどぎつい感じがなく、食味的にも渋みやエグミなどがほとんどなくとても美味しいリンゴでした。

●ムーンルージュの主な産地と旬

ムーンルージュ 果肉が赤いリンゴ

◆主な産地と生産量

 「ムーンルージュ」はまだ登場したばかりのリンゴという事もあり、農林水産省にはまだ全国の生産量や栽培面積のデータが記載されていません。

 育成地でもある長野県では栽培が始まっているほか、今回取り寄せた青森県などでも個々の農園で栽培が始まっていますが、まだとても希少性の高いリンゴの一つです。

 今後さらに生産者が増え、他の赤肉種と共に広く市場に出回るようになってくるかもしれません。

◆ムーンルージュの収穫時期と旬

 「ムーンルージュ」の収穫時期は11月上旬から中旬にかけてで、まだ生産量がわずかなこともあり、11月中に売り切れてしまうようです。見かけたら即買いしないと手に入らないリンゴということです。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
品種 10月 11月 12月 1月
ムーンルージュ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。