モロヘイヤ(シマツナソ/縞綱麻):特徴や主な産地と旬

モロヘイヤ 野菜の王様

●モロヘイヤとは

モロヘイヤ 野菜の王様

◆シナノキ科ツナソ属 (英)Mloukhia

モロヘイヤは別名をナガミツナソやタイワンツナソと呼ばれるシナノキ科ツナソ属の1年草で、インドまたは地中海沿岸部が原産と言われています。

1980年代に飯森嘉助氏らが「全国モロヘイヤ普及協会」を設立し、栽培方法から料理に至るまで指導や紹介に尽力され、現在では一般のスーパーでツルムラサキなどと同じように普通に並べて売られるようにまでなりました。

特に機能性が非常に高く、しかも青菜類が乏しい夏場に収穫できると言うこともあって一気に広まったようです。

モロヘイヤ 野菜の王様

「モロヘイヤ」という呼び名は、国内で流通させるに当たり、飯森嘉助氏らが色々と検討された末、エジプトで呼ばれている発音を元に決められたそうです。そのエジプトでの呼び名となっている「モロヘイヤ」にはアラビア語の「王家の野菜」という意味があるそうです。由来には、古代エジプトにおいて、重い病の王様がモロヘイヤのスープを飲んで治ったからという説や、王族以外には食べる事が禁じられていた野菜であったなどと言う説があるそうです。

モロヘイヤがこれまで普及するに至った経緯や苦労などが飯森嘉助氏のホームページ「モロヘイヤ事始」に詳しく掲載されています。

◆モロヘイヤの特徴

モロヘイヤは若い葉や茎を食用とします。葉の形は一般的な木の葉型ですが、付け根の両側に赤く細いひげが一本ずつ伸びていて、これで他の草木と見分けることができます。

さっと下茹でして食べるのですが、ムチンを沢山含んでおり、加熱するとオクラと同じようなぬめりがでてきます。更に細かく包丁で叩くと腑どろどろのトロロ状になります。

青臭みやクセはあまりなく、非常に栄養成分を沢山含んだ野菜として知られ、ネバネバ系が好きな人にはとてもありがたい野菜と言えます。栄養成分や機能性に関してはこちら →

ただ、熟した実には有害な成分が含まれてしまうため食べることは出来ません。とは言っても、普通に販売されている葉茎には有毒な成分は含まれていないので安心して食べて良いと国の機関でも告知されています。

●モロヘイヤの主な産地と旬

◆全国のモロヘイヤ生産量

政府がまとめた平成22年産のモロヘイヤ生産量です。

これを見ると最も多く生産しているのは群馬県で、次いで愛知県、三重県、東京都と続きます。

家庭菜園でも気軽に栽培ができ、雑草のごとく繁殖し、摘芯せずに放っておくと2m近くにまで育つようです。

◆モロヘイヤの旬

モロヘイヤは暑い地域が原産の草木なので、国内では夏が成長期で収穫時期にあたります。食べ頃の旬は、一般的にホウレンソウやコマツナなどの青菜類が不足しがちな6月頃から9月頃までとなります。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
モロヘイヤ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします