タケノコ(筍/たけのこ)の選び方と保存方法や料理

タケノコ/筍/たけのこ/孟宗竹/もうそうちく

■タケノコ(筍/たけのこ)の選び方と保存方法

●美味しいタケノコの選び方

タケノコ/筍/たけのこ/孟宗竹/もうそうちく タケノコ/筍/たけのこ/孟宗竹/もうそうちく

タケノコは伸び過ぎたり、日にあたる時間が長い物はアクが強くなります。伸び過ぎていないもの、皮の色が薄い物を選んでください。日にあたる時間が長いほど皮の色は濃くなります。右の写真は、タケノコが既に地面から少し顔を出していたもので、先の方から開き始めていますね。色も濃くこういったものはアクが強いという事です。

皮の部分がしっとりしていて乾いていないものを選んでください。

細い物より、太短い物が美味しいです。

タケノコ(筍) 紅い粒々

根もとの周りに赤いぶつぶつがありますが、このぶつぶつが少ない物が良いです。多い物はもうアクも強いと思って良いでしょう。

●タケノコは鮮度が命 保存の前に茹でる事

タケノコ(筍) 若い物 まだ層が離れていない

掘利出された後、時間を追うごとにどんどんアクが強くなっていきます。とにかく出来るだけ早く下ゆでしましょう。茹でずに保存する事は考えられません。茹でたものは皮を剥き、水に浸した状態で蓋をし、冷蔵庫で保存します。水を変えながら1週間程はもちます。

更に長期間の場合は、密封出来る瓶に入れ、電子レンジにかけ、沸騰させるか、沸騰した湯に首まで浸して煮沸した状態で蓋をきっちりと締めて保存します。

■タケノコを使った主な料理

●主な食べ方

筍とタラの芽の天ぷら

和食、中華だけでなく洋食にもどんどん使っていただきたい食材です。香りと歯ざわりを活かし、リゾットや付け合せなどにも使えるでしょう。

掘ってきたばかりの物ならば、皮ごとホイルに包んで焼き上げても違った味わいがあって美味しい

筍の刺身

掘り起こしたその場で、薄くスライスして、生のまま刺身で食べるとエグミも少なく、香りが口いっぱいに広がります。また、茹でてアク抜きしたものを薄くスライスして、ワサビと刺身醤油で食べる刺身も美味しいです。

アク抜きをしたものを天ぷらにしても美味しいです。

一般的には、かつお節と一緒に煮る土佐煮や若布とともに若竹煮、和え物などがあります。なんといっても、筍ご飯は毎年1度は味わいたいものです。

筍と若芽の煮物筍ご飯

●下味を付ける

煮物にしたものを天ぷらにすると美味しい他、バターソテーにする場合は、コンソメなどで一度煮て下味を染み込ませておくと美味しく仕上がります。

■タケノコ(筍/たけのこ)のレシピ いろいろ

主な料理レシピサイトのたけのこを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

旬の食材百科 レシピノート →

クックパッド E・recipes キッコーマン
ホームクッキング
レシピブログ 楽天レシピ 節約レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。