パセリの選び方と保存方法や料理

パセリ

●パセリの選び方や保存方法

◆色鮮やかで新鮮な物

パセリ

パセリは葉がみずみずしく緑色が鮮やかなものを選びます。鮮度が落ちてくると葉の色が黄色っぽくなってきます。

茎はもちろん、葉先までシャキッとしているものを選び、茎がヘナヘナしているものや葉先が黄色くなったものは避けましょう。

◆適度に水分を持たせて野菜庫に

パセリは乾燥に弱いので乾燥しないようビニールやポリの袋に入れて冷蔵庫の野菜庫に入れておきましょう。2~3日は大丈夫ですが、香りも薄れてくるので早めに食べましょう。また、コップなどに水を張り、そこに柄の根元を切ってから差しておくと長持ちします。

◆ソースなどにすぐ使えるパセリバター

パセリバターにして保存しておくことが出来ます。作り方はいたって簡単、パセリを細かく刻んで柔らかくしたバターと練り混ぜるだけ。バターは有塩、無塩どちらでも大丈夫です。一旦冷蔵庫で冷やし固めてから、使いやすいサイズにカットして冷凍保存しておけば長期保存も出来き、使いたい時すぐに取り出せて便利ですよ。魚料理のソースやスープに加えても美味しいです。みじん切りにしたニンニクも加えて作るとエスカルゴで使うエスカルゴバターとなります。

◆乾燥させてパセコンを作っておく

パセリをみじん切りにして、何度かに分けて電子レンジにかけ乾燥させたものを密封容器に入れておけば長期間仕上げに振り掛けるパセコンが出来ます。

●パセリの美味しい食べ方や料理

◆調理のポイント

香りが何よりな食材なので、生のまま使うか、仕上げに加えるようにしましょう。サラダをはじめ、スープや炒め物、揚げ物など色々な料理の香り付けに使えます。

サラダに加えるときは、食べやすいように小さく千切るか刻んで混ぜ込むようにしましょう。

◆スープの浮き身

ミネストローネやコンソメスープなど西洋料理に限らず、味噌汁でも美味しいです。

◆さっと茹でて

あまり知られていないかもしれませんが、実はパセリは茹でてしまうとクセも穏やかになり、普通のセリなどと同じようにおひたしや和え物にしても美味しく食べられます。

◆魚料理のスースに

パセリバターを作っておくか、直接フライパンにバターを溶かし、刻んだパセリを加えてレモン汁などの柑橘類の果汁を絞るだけで美味しいソースが作れます。

◆炒め物

ベーコンと下茹でしたジャガイモをフライパンで炒め、仕上げにパセリを加えると清清しい風味に仕上がって彩りもよくなります。パセコンにしたものでもいいですよ。

◆揚げ物

白身魚をフリッや天ぷらとにする際、刻んだパセリを絡めてから揚げると美味しいですよ。

◆煮込み料理のブーケガロニに

パセリの柄の部分はセロリなどと共にブーケガロニとして煮込み料理やスープを作る時に、風味付けに加えて煮込みます。

◆パセリを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのパセリを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。