ユズ(柚子/ゆず)の栄養成分や効用

柚子/ユズ/ゆずの断面

■ユズに含まれる主な有効成分とその効用

●豊富なビタミンC

柚子/ユズ/ゆず

ビタミンCを多く含んでいますが、皮の方が栄養価が高くビタミンCは果汁の4倍近く含まれています。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●マーマレードやピールにはペクチンがたっぷり

ペクチンは水溶性の食物繊維です。これには整腸作用があり、下痢や便秘を予防する効果や、血液中のコレステロールを減らし動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病の予防にも効果があるといわれています。

●疲労回復効果

梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には疲労回復効果があります。

●カルシウムの吸収を助け骨を丈夫にする

クエン酸などの有機酸にはカルシウムの吸収を助ける働きもがあります。

●冬至の日に柚子湯に入ろう

食用という意味ではありませんが、古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入るとその冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています。

■五訂日本食品標準成分表でみるユズの栄誉成分量

●柚子の果汁 可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生ユズに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
21kcal 92g 0.5g 0.1g 7.0g 0.4g -g -g 0 0.4g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
7μg 0.2mg 0.05mg 0.02mg 0.2mg 0.02mg 11μg 0.29mg 40mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 210mg 20mg 11mg 11mg 0.1mg
五訂日本食品標準成分表より

●柚子の果皮 可食部100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されている生ユズに含まれる成分の量です。果皮の方が圧倒的に栄養面では優れています。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
59kcal 83.7g 1.2g 0.5g 14.2g 0.4g -g -g 0 6.9g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
240μg 3.4mg 0.07mg 0.10mg 0.5mg 0.09mg 21μg 0.89mg 150mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
5mg 140mg 41mg 15mg 9mg 0.3mg
五訂日本食品標準成分表より