そらまめ(ソラマメ):旬の時期と主な産地と生産量

そらまめ(空豆、蚕豆、ソラマメ)

■ソラマメ(蚕豆/そらまめ)とは

●マメ科ソラマメ属(英)broad bean (仏)febe

そら豆(空豆、蚕豆、ソラマメ)

ソラマメはマメ科ソラマメ属で、ダイズ、ラッカセイ、エンドウマメ、インゲンマメ、ヒヨコマメと共に6大食用豆と呼ばれています。チグリスユーフラテス 河流域からエジプトで4000年以上も前から食用として栽培されていたそうです。日本には奈良時代に伝えられられました。名前の由来は実が空に向けて実るからだそうです。

色々な呼び名があり漢字で「蚕豆(そらまめ)」また、「空豆(そらまめ)」とも書きます。その他にも「天豆(てんまめ)」と書かれる事もあります。

実が赤い初姫という品種もあります。

近年は発芽させた若い芽を食用として「そらまめ豆苗」と呼ばれるものも出回っています。

●ヨーロッパでも身近な野菜です。

フェーブ/Feve <ヨーロッパのそら豆

そら豆はヨーロッパでも比較的身近な野菜として親しまれいます。フランスでは「フェーブ(Feve)」イタリアでは「ファーヴェ(Fave)」と呼ばれています。ヨーロッパの品種の特徴はこちら

フェーブ その1   フェーブ その2

●未熟豆と完熟豆

そら豆(空豆、蚕豆、ソラマメ)

ソラマメは完熟したものを乾燥させて使う種実用と、未熟なうちに収穫する青果用とがあります。種実用は黒っぽく、煮豆やおたふく豆、甘納豆などにします。この項では主に青果用について見ていきます。

■そら豆の産地と旬の時期

●ソラマメの主な産地

九州の鹿児島が全国の4分の1以上を作っている他、千葉、茨城など。そのほかにも全国各地で栽培されています。

●ソラマメの栽培サイクル

露地物のソラマメは通常秋に種をまき、春に花を咲かせて5月頃収穫されます。

●ソラマメは初夏が旬の時期

早いものでは鹿児島から年末頃には出荷されるようですが、旬は4月から6月にかけての時期になります。

●ソラマメの旬のカレンダー

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
そらまめ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします