ノビル/野蒜/のびる:旬と保存方法、食べ方と栄養価

ノビル/野蒜/のびる

●ノビル/野蒜/のびるとは

●ユリ科ネギ属 

ノビル/野蒜/のびる

 のびる(野蒜)はユリ科ネギ属の多年草で、全国の野原、河原の土手などに自生しています昔はニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウと共に (ごくん)に数えられていました。

根元に小さなタマネギ状に肥大した部分があり、これを食用とします。

●ノビルの特徴

ノビル/野蒜/のびる

葉の形は一見ネギに似ていますが、葉はネギのように筒状ではなく、断面がV字型でニラの様な感じです。根の肥大した鱗茎部分は自生しているものだと大きくても直径2cmほどで、味はラッキョウとニンニクを足して割ったような感じで、ツーンとする香りと、ちょっとヌルッとした食感が食欲をそそります。ニンニクほど臭みはつよくはありません。 

●ノビル/野蒜/のびるの美味しい旬

●ノビルは春が旬

のびる(野蒜)は春に野原や土手で、ヨモギなどと共にたくさん見られます。 野原でいくらでも採れるので機会があれば収穫してみてください。根が抜けにくいのでシャベルをお忘れなく。栽培も極僅かですがされているようです。

●ノビルの旬カレンダー

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ノビル                        
ノビル/野蒜/のびる

●ノビル/野蒜/のびるの保存方法と食べ方

●保存方法

ノビル/野蒜/のびる

 葉が乾燥しやすいので、ビニール袋などに入れ冷蔵庫に入れておきます。自分で掘ってきた物は、土を綺麗に洗い落とし、表面の薄皮をはいでから袋に入れ冷蔵庫に入れます。

長期間保存したい場合は、ラッキョウなどと同じように、酢漬けにします。

●食べ方

ノビルの天ぷら

生で酢味噌和えにしたり、天ぷらにすると美味しい。

炒め物に刻んで少し加えると味のアクセントになります。もちろん葉の部分も食べられます。

味噌汁の具に加えても美味しいです。

ラッキョウのように甘酢漬けやピクルス、ニンニクのように醤油漬けなども美味しい。その場合、根だけを漬けるなら丸いままですが、薬味醤油にするには、根も葉も細かく刻んで漬けこみます。使い方は、冷奴に薬味として乗せたり、炒め物の味付けに加えたり、パスタのトッピングなど様々です。