紅い雫/あかいしずく<いちごの品種

紅い雫,あかいしずく,いちご,イチゴ,苺,ストロベリー

■紅い雫とは?

●愛媛県のオリジナル品種

紅い雫,あかいしずく,いちご,イチゴ,苺,ストロベリー

紅い雫は愛媛県農林水産研究所が「あまおとめ」を母、「紅ほっぺ」を父として交配し、得られた実生から選抜育成された品種で、2014(平成26)年6月25日に品種登録出願され現在も審査中となっています。この品種開発は2004(平成16)年から始められ、紅い雫が生み出されるまで10年の歳月がかけられてきたそうです。

登録に先立ち、愛媛県では既に生産出荷が2014年から始まっており、現在、「紅ほっぺ」などからこの新しい品種への転換が進められているところです。

●愛媛県によるブランド化

紅い雫は県の主導の元ブランド化が進められ、県内で統一された基準をもとに選果され、基準以上の物はカラーロゴの入った専用の少量パックに詰めて高付加価値商品として出荷されています。その他の物は白黒のロゴを使用し一般的なイチゴと同じようなパックなどに詰められて出荷されます。

■紅い雫の特徴と食味

●紅い雫の特徴

紅い雫,あかいしずく,いちご,イチゴ,苺,ストロベリー

愛媛県の資料によると紅い雫は糖度が高く、それに見合った十分な酸味を持った濃厚な味のイチゴとされ、果実全体が赤く色付き、果肉も赤い。また、果実が硬く完熟の状態で出荷しても傷みにくいとの事です。

栽培においては収穫が11月中旬頃から始められ、5月まで長期間に渡って続けられるそうで、萎黄病など土壌病害にも強いとされています。

●実際に食べてみた食味

紅い雫,あかいしずく,いちご,イチゴ,苺,ストロベリー

今回入手した物は白黒ロゴの物でした。そのせいか、甘さという面ではインパクトに欠ける感じでした。しかし、色や形などの外観はとてもよく、また、しっかりとした食感がありました。香りは強くはないです。

色や形が良く、硬めで傷みにくいという面ではお菓子のトッピングに使いやすい品種となっています。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
紅い雫                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。