さがほのか:いちごの品種

さがほのか

■さがほのかとは

●佐賀県生まれのいちご

さがほのか

さがほのかは1991(平成3)年に佐賀県農業試験研究センターにおいて、「大錦」に「とよのか」を交配し、生まれた実生の中から選抜・育成された品種で、1997(平成9)年に出願、2001(平成13)年に品種登録されました。

さがほのか:いちご

佐賀県はイチゴの産地としても知られており、これまで「とよのか」を中心に栽培されてきましたが、今ではどんどんこの品種に切り替わってきているそうです。

●さがほのかの特徴

さがほのかの果実の大きさは比較的大きめで、ややスリムな円錐形をしています。果皮の色は鮮紅色で艶があり、果実全体にしっかりと色付いています。

さがほのか:いちご

果肉は全体に白く色は付いていません。中心部の空洞はできにくく詰まっているものが多いです。食感はやや硬めで軽い歯ざわりがあり、酸味が穏やかで甘さが前面に出ています。

さがほのかは果肉がしっかりとしている分、日持ちがよく、外見の形と表皮の色が映えるので、丸のまま飾りに使うと綺麗です。しかし、果肉がほぼ真っ白で色気がないのが残念です。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。