石垣サンゴ/石垣珊瑚の保存方法や食べ方

石垣サンゴ/石垣珊瑚<種無しパパイヤ

■美味しい石垣珊瑚の選び方と保存方法

●表面に傷やあたっている部分がないもの

どのフルーツにも言える事ですが、傷やあたって茶色く変色している部分があると痛みやすくなります。そういうものは避けましょう。

●食べ頃の見極め

石垣サンゴは少し青みが残っている状態で出荷されています。そういったものは室温に置いておき、追熟させてから食べたほうがより甘くおいしくなります。表面の色が全体にオレンジ色になり始めた頃から完全にオレンジ色になるくらいまでが食べ頃です。

食べ頃になったものは早めに食べるようにし、食べる直前に冷蔵庫で冷やしましょう。

石垣サンゴ/石垣珊瑚<種無しパパイヤ 石垣サンゴ/石垣珊瑚<種無しパパイヤ

■石垣珊瑚の美味しい食べ方

●石垣サンゴには種がないか、あっても僅かです。

石垣サンゴ/石垣珊瑚<種無しパパイヤ

縦に串切りにし、皮に沿って薄くナイフを滑らせるように果肉部分を切り取ると綺麗に皮がむけます。皮ごと皿に盛って、スプーンですくうようにして食べても良いでしょう。

果肉を切り出し、食べやすい適当な大きさにカットして盛り付けるとデザートっぽくなります。

石垣サンゴ/石垣珊瑚<種無しパパイヤ

また、パパイヤの切り分け方のページで紹介しているように、先に皮を剥いてからスライスすると、タルトなどの表面にトッピングする場合は綺麗に仕上がります。

●レモン汁を垂らすとより美味しい

パパイヤには酸味がほとんど無いので、レモン汁などをたらすことで味に締りが出て、より一層おいしくなります。

●なるべく生の果物としていただきたいものです

石垣珊瑚は高級フルーツです。また、パパイヤの味はピューレなどにするよりもそのままを食べる方が美味しく感じると思います。できる事なら、生のまま切って食べたいですね。ただし、沢山あって食べ切れない場合は皮をむいて果肉を冷凍保存したり、砂糖、レモン汁などを加えてジャムなどに加工することもできます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。