バナナ(ばなな):旬の時期と主な産地

バナナ

■バナナとは?

●バショウ科バショウ属 (英) Banana    (仏) Banane

バナナは南アジアの熱帯地方が原産とされているバショウという草本になる実の総称で、色々な種類があります。栽培されているバナナの種類は数百種類以上といわれ、その中にも、よく見かける生食用のものと、芋のように生では食べられない料理用のものとがあります。今世界で栽培されているバナナの約3分の2は普段食べるような生食用で、残り3分の1は料理用です。

料理用のものは、でんぷんが生食用品種のように糖質に変わらず、そのまま残るために、芋類と同じように炭水化物の食材として加熱調理して食べられています。ここでは、生食用のバナナを中心にとりあげます。

●バナナはありきたり・・・でも

バナナは昔から、常時スーパーや果物屋の店頭にならび、価格も安く、美味しいのですが高級感や特別感が無い果物ですね。そんなバナナでも、その栄養分や働きはすばらしいものがあります。また、調理方法なども工夫すれば、かえって新鮮な感動をえられることもありますよ。

●バナナのたたき売り

バナナのたたき売りという言葉をご存知ですよね?早い話、最終処分価格で売り払う様子を言うのですが、これは、明治時代にバナナが日本に入ってきて広がり始め、大正時代に入り、台湾から大量に船便で運び込まれるようになったのですが、その途中でバナナが熟してしまい、仕方なく途中の門司港に下ろし、処分の為に安売りをしたのが始まりだそうです。確かに、時間が経つほど黒くなって売れなくなってしまいますよね。

●バナナは青い状態で輸入されます

日本では、チチュウカイミバエなどの害虫の侵入を防ぐため、熟した状態では通関を通せない事になっています。そのため、バナナはまだ青いうちに収穫したものしか輸入出来ません。日本に定温輸送されたバナナは一旦室(むろ)に入れられ、エチレンガスや温度調整によってある程度追熟させてから出荷されます。

■主な産地は

●バナナといえばフィリピン!?

現在日本で流通しているバナナはほとんど輸入されているもので、全輸入果物の量で見るとバナナが約60%を占めています。

平成19年の貿易統計によれば、国内市場に出回っている約90%がフィリピン産の「ジャイアント・キャベンディッシュ」という品種です。続いてエクアドル、台湾産があります。

●国産のバナナもあります

国内でも、ほんの少し、沖縄や奄美大島、鹿児島などで栽培されているようです。政府がまとめた平成24年産の収穫量で見ると、沖縄県が124.1トン、鹿児島県が57.3トンとなっています。

「島バナナ」や「三尺バナナ」と呼ばれるもので、ある程度熟してから収穫できるため、輸入されているものよりもねっとりとしていて甘味が強く美味しいバナナです。

■バナナの食べ頃の旬は

●バナナの旬

普通のバナナは通年安定して輸入されているので、旬は無いと言えます。

沖縄や奄美大島、石垣島などで生産されている島バナナは収穫時期が限られているので旬があります。早いもので5月下旬頃からで、遅い物は10月頃までとなり、最盛期の旬は真夏の7月から9月となります。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
輸入バナナ                        
国産島バナナ (三尺)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします