モラード/Morade Banana<バナナの品種

モラード/Morade Banana<バナナ

■モラードとは?

●フィリピン原産の皮が赤茶色のバナナ(英)Morade

モラード/Morade Banana<バナナ

モラードバナナはフィリピンが原産とされるバナナの品種で、モラード(Morade)とはスペイン語で紫色を意味しています。おそらく、このバナナの皮の色からそう呼ばれるようになったのでしょう。別名「レッド・バナナ」とも呼ばれています。

輸入量が少なく日本では極まれにしか見かけることはありませんが、たまにはこうしたいつもと違ったバナナを食べてみるのも楽しいですよ。

●モラードの特徴

モラード/Morade Banana<バナナ

モラードの最大の特徴は、その名前の由来にもなっている皮の色です。一般のバナナのような黄色ではなく、赤茶色をしています。

全体にキャベンディッシュに比べ小ぶりで太短い形をしており、皮がやや厚めです。果肉は普通のバナナと同じような色でやや赤みが強いくらいで、あっさりとした甘さのバナナとされています。

●実際に食べてみて

モラード/Morade Banana<バナナ

今回試食したものは十分に熟していると思われました。それでも皮はややむき難く、果肉の表面が少しざらついたような感じになりました。香りは強くも弱くも無いくらいで、食べるともっちりとした食感で、見た目から想像すると甘そうですが、甘味は極普通のバナナといった感じで、酸味も穏やかな感じです。ただ、口に広がる味全体と言う点では、普通のバナナとは少し違った印象を受けました。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。